「平将門魔方陣」 加門 七海

2009.04.10 Friday

0
    鴨川ホルモー」の続編、「ホルモー六景」には東京にもホルモーがあることを匂わせる話が載っていました。
    そこには東京の守護神にしてたたり神、平将門の首塚がかかわっているらしいのです。

    平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)」では、朝廷の反逆者にしてたたり神となった将門が、どうして東京の守護神になったのかを推理しています。

    難しい専門書のように敷居が高いのかと思いきや、作者の加門さんのくだけた文章のおかげですいすいと読めました。
    わからないことを「わからん。誰か教えてください。」と書いてしまったり、将門びいきで調伏した側に対しては「きったねえ」と毒づいたり、面白い方です。(^^)

    で、なぜ将門が東京の守護神なのか。
    結局よくわかりませんでした。(・_・;)
    時の権力者たちが封じ込めたり、敬ったりしながら
    絶えず無視できない存在であったことは確かなのですが。

    ただ、加門さんの説として
    東京の土地の地霊が将門を望んで、ここに住む者の無意識に訴えかけている。
    だから地の影響を受けている人々が、明治政府が将門を神田明神から祭神から外した時、反対したり、GHQの無体な行いを止めようとしたのも土地の人々だった、と。

    この説は私も好きです。だからあれほど恐れられる一方で
    敬われ、愛されているのでしょう。
    もしかしたら東京のホルモーも、そんな将門を退屈させないために始められたのかもしれませんね。
    万城目さんにはぜひホルモー続続編を書いていただき、その辺の謎を明かしてほしいものです。

    平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)
    平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)


    山田章博さんの名作「BEAST of EAST」
    将門はそのカリスマ性と強い魂ゆえに、妖怪九尾の狐(玉藻の前)に魅入られる武人として登場します。
    BEAST of EAST 3 (3) (バーズコミックスデラックス)
    BEAST of EAST 3 (3) (バーズコミックスデラックス)

    ・こちらは京都の魔界伝説。「京都魔界地図」→
    コメント
    日月さん☆おはようございます
    将門伝説は色々ありますが、彼の力を抑えるために成田山があるというのにはビックリでした。
    それほど恐れられているとはねぇ!
    「帝都物語」も面白いですよ。(#^.^#)
    • by Roko
    • 2009/04/11 9:32 AM
    Rokoさんへ
    「帝都物語」は映画でしか見たことがないので、今度原作を読んでみようと思います。
    ここまで恐れられいる方ってそうはいないでしょうね。それが現代でも続いているってのが興味深いです。
    • by 日月
    • 2009/04/11 9:45 PM
    日月さん、おはようございます。
    私にとって平将門といえば「風と雲と虹と」ですが、こちらも面白そうですね。

    前から読みたかった「鴨川ホルモー」がやっと文庫になったので早速買いました!でも映画ももうすぐ始まるので、映画を先に見るか原作を先に読むか、迷っているところです。
    牛くんの母さんへ
    今度は帝都物語も読んでみたいと思ってます。この本を読むともう少し詳しく知りたくなります。

    「鴨川ホルモー」もいよいよ映画化ですね。オニがかわいくなってました。
    • by 日月
    • 2009/04/13 12:17 AM
    こんにちは〜♪TBさせていただきました。(^^)
    私も『ホルモー六景』で気になってこの本を読んだ人です。あれだけ恐れられているのにも関わらず、慕われ贔屓にもされていたり、とても不思議だけどなんだか魅力があるな〜と思いながら読んでいました。(^^ゞ
    これはやはり『帝都物語』も読むべきかしら?(^^ゞ
    板栗香さん
    ありがとうございます。
    今でも巨大な力を持ち続ける方ですよね。権力に逆らったというてんで庶民に人気があるのかもしれませんね。
    「帝都物語」も気になりますね。
    読んでみたいです。
    • by 日月
    • 2009/04/15 11:17 PM
     初めまして。
     将門さんを守護神にしたのは、当時京都の藤原政権の重圧に苦しむ坂東の民衆と、彼を正当化することで武家政権を樹立した坂東武者…その多くは彼の末裔と称した坂東八平氏(千葉・上総・秩父・三浦・長尾・梶原・大庭・土肥氏…江戸氏は秩父氏の一派)です。
     将門さんを自分たちの祖霊とすることで「武士が幕府立ててもOKだよね」と言うことです。
     ですので、彼らの支配地域に将門伝説が圧倒的に多かったりします。

     この本では八幡神が将門さんの敵側になていますが逆です。八幡神は古くから坂東の源氏・平氏の守護神で、むしろ妙見信仰の方が鎌倉時代中期以降千葉氏の関係で成立しているので、本来の将門さんの守護神は八幡神です。
     ちなみに彼の父親が建立したとされる八幡神社が佐倉市にあります。
     それでは失礼いたします。かしこ。
    • by ミズキ
    • 2010/03/03 4:38 PM
    ミズキ様
    専門的なコメントありがとうございました。本の方もなかなか難しくて完全には理解していないのですが、将門伝説にはとても興味があります。勉強になりました。
    • by 日月
    • 2010/03/03 11:43 PM
    コメントする
    トラックバック
    平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION)posted with am
    • Roko's Favorite Things
    • 2009/04/11 9:23 AM
     平将門魔方陣 (河出文庫―文芸COLLECTION) 加門 七海 『ホルモー六景』を読んでいると、東京でもあの鬼が大量発生している話があって、東京でもホルモーがあるの?京都だからこそホルモーができるのだと思っていたのに〜と思ったんですが・・・そして、どう
    • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
    • 2009/04/15 3:58 PM
    この記事のトラックバックURL