「旅のグ」 グレゴリ青山

2009.05.04 Monday

0
    グレゴリ青山さんのデビュー作「旅のグ」。
    雑誌「旅行人」に掲載されていたバックパッカーの実体験マンガです。グレゴリさんは、二十歳のときに中国を旅してから、アルバイトでお金をためてはアジアへ長い旅にでるようになったのだそうです。
    ひとりの旅はどこに行くのも自由、時間をどんなふうに使っても自由。
    「自由で不良なこと」を楽しむグレゴリさん。
    とはいっても昼間からひとりでビールをのむくらいの「不良」レベルですが。

    若い時って体力だけはあるから、結構ながい旅行も平気なんですよね。若いころ、青春18キップで京都から東京についてから、もったいなくてそのまま18キップをつかってあそびにいった人がいましたっけ。

    現地の人たちが日本人をめずらしがってよくしてくれた話や、ベトナムで映画「愛人(ラマン)」ごっこをして話など、旅の面白エピソード満載です。

    けれど旅の楽しい話だけじゃなく、日本人旅行者の○春(ムカつくので伏せ字)の現状や、女の一人旅で危険な目にあいそうになったことなども描いてくれています。ひとり旅は自由で気楽だけれど、だからこそ注意も必要なんですよね。

    新装版 旅のグ (ちくま文庫)
    グレゴリ青山
    筑摩書房
    売り上げランキング: 82,446



    新装版 旅のグ2 (ちくま文庫)
    グレゴリ青山
    筑摩書房
    売り上げランキング: 89,600



    ●グレゴリ青山さんの作品
    「旅のうねうね」→
    「ひみつのグ印観光公司→
    「もっさい中学生」→
    「ブンブン堂のグレちゃん」→
    「グ印関西めぐり(濃口)」→
    「ナマの京都」、「しぶちん京都」→
    「旅のグ」→
    「旅であいましょう。大人の週末バックパック」→
    「田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円」→
    「グ印亜細亜商会」→

    JUGEMテーマ:バックパッカー

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    こちらにも^^
    この本は未読なのですが、グレゴリさんは旅行好きですよね〜。最近雑誌のダビンチで読んだのですが、グレゴリさんは最近旦那様と奈良だか・・和歌山だか・・・の山奥っぽい場所に古いお家を借りて住むことにした?とか、なんとか! グレゴリさんの場合、日々の暮らしやプライベートな事がそのままマンガや本のネタになるんだな〜。

    それと、「サクリファイス」お読みになられたんですね〜。私は凄くコレ衝撃的で(知らないことばかりだったので)凄く引き込まれて読みました。スポーツものって自分がトップであることが最大の喜びって風に思っていたので、アシストという存在にはびっくりしました。
    • by latifa
    • 2009/05/13 9:01 AM
    こちらにも^^
    1か月くらい前に、やっと読みました!
    蔦屋書店で、立ち読み(座り読み)ですが・・。

    以前より、日月さんから、ラマン巡りをグレちゃんが書いていたというのを聞いていて、読むチャンスを狙っていました。

    私が手に取ったのは、文庫本だったのです。たぶん本当は、若干大きなサイズの本だったんじゃないかな・・。文庫本は値段は安いけれど、絵も縮小版になっちゃうのが残念かも。

    で!!
    ほんとだー!ラマン巡りしてる!!と、ものすごい嬉しくなりました。しかも、ずいぶん前。今よりも旅行しにくかっただろう時代に(おおげさですが)
    まさにグレちゃんと私と、ラマン好きのツボが同じで、もう一人で読みながらテンション上がりっぱなしでした。
    教えてくださって、ありがとう(*´▽`*)
    • by latifa
    • 2015/03/04 2:11 PM
    latifaさんへ

    グレゴリさんからは旅の情報や、古本屋の裏話、古書の知識まで、いろんなことに影響をうけてます。

    古い映画やインド映画もにも造詣が深いのですが、今のグレゴリさんはなんとフィギュアスケートにはまっているそうです。

    ラ・マンは映画も原作も読んでみたのですが、美しい文章にぼうっとしました。

    デュラスは映画も撮っているので機会があれば彼女の映画も観てみたいです。
    • by 日月
    • 2015/03/06 12:26 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL