[DVD] 室内の人々 ザ・プラン9

2009.05.19 Tuesday

0
    2部構成になっているザ・プラン9公演「室内の人々
    1部はヤナギブソンさん脚本、覚王山さん演出の「お誕生日壊」
    誕生日兼同窓会であつまった4人の男たち。
    プレゼント交換でもらった2枚の宝くじのうち、
    1枚が当選(60万円)していた。
    宝くじを買ってきた者、宝くじを買うのを頼んだもの、4人の利害がからみあって、だましだまされの連続。
    途中の「ボケつっこみゲーム」、面白かった。
    最初にツッコミを答えてから、そのツッコミにあったボケを考えるというパターンは、ヤナギブソンさんのネタにもありましたね。
    最後に「たった8,000円かい!」というツッコミで、微妙な空気になってしまったお誕生日会。
    このツッコミ、どこかにつながっているだろうとおもっていたら、やっぱり最後の最後にでてきましたねえ。

    で、第2部「a room」は、久馬さん作・演出。
    お誕生日会のの隣の部屋では、画家(ヤナギブソン)が絵を描いている。でもそのモデルは裸スーツを着たゴエさん。w( ̄Д ̄;)
    引っ越し業者なのに、作業の途中で無理やりモデルをさせられたらしい。そこへ照明の修理に現れた電気屋さん(久馬さん)が、女性と勘違いして、画家の留守に迫ってきたり、隣の部屋のメンバーたちが部屋を間違えて現れたり、モノや人物が1部とリンクしていって、最後の結末に向かっていきます。

    副音声では脚本家・ヤナギブソンさんが他のメンバーの演技に点数をつけたり、元不動産業者・浅越ゴエさんがメンバーに間取りを説明したりとこちらも内容盛りだくさん。DVDに収録されてない回でのハプニングの話などもあり、特典映像では大喜利までついていて盛りだくさんの内容でした。


    室内の人々 [DVD]
    室内の人々 [DVD]
    posted with amazlet at 09.05.12
    よしもとアール・アンド・シー (2009-01-28)売り上げランキング: 27698

    楽天レンタルで「ザ・プラン9/室内の人々」を借りよう

    コントStyle「鍛えるぞ!鍛えるぞ!」→
    「足痛いのにがんばった コントStyle」→
    「THE PLANET9 Earth 見晴らしのええマンション」→
    「編集者 竹一平の苦悩」→
    「弁斗とジェッ太 大阪ブレインドレイン」→
    「こわがり」→
    「アオいアオいアオい空」→
    「銀行ノススメ」→
    「仇男」→
    「何かが正解です」→
    「W-MEN〜ウィンピーメン〜」→
    「ウルグアイから来た男 ネタツアー」→
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL