「スイッチ」 さとう さくら

2009.07.03 Friday

0
    メルヘンクラブ」を読んでから、さとうさくらさんのファンになりました。「スイッチ」は日本ラブストーリー大賞の審査委員絶賛賞を受賞した作品。現代の若い女子のリアルを描いたこの作品は賛否両論があったそうですが、好きな人はものすごくひきつけられる作品だと思います。
    審査委員絶賛賞」などという賞を付与される事態、この作品の独特な魅力を表してますよね。(^^)

    わたし「スイッチ」に魅かれた一人です。
    仕事も人間関係もうまくいかず、孤独でうだうだとすごしている主人公・苫子は、まるで自分の20代を見ているようでした。

    主人公・苫子は人とのコミュニケーションが苦手。そのせいで頭はいいのに就職できず、アルバイトもすぐクビになり、うだうだした生活を続けている。苫子は嫌なことがあると首の後ろにスイッチを探し、それを押すことで他人や自分の存在を消してしまいたかった。あるビルの清掃員のバイトについた苫子はそこで短大時代の友人、結衣に再会する。苫子はりっぱな社会人として働く結衣に引け目を感じるが、人間関係の経験の薄い苫子には、関係の断り方も分からず、結衣のいうままに友達関係を続ける。そんな自分にイライラして首の「スイッチ」を探しながら…

    清掃員のパートの中島さんや元キャバ嬢の瑠夏、それと苫子のことを「面白い」と、普通に接してくれる家具マニアのサル男、苫子の仕事ぶりをほめてくれた社長。
    そうした人たちと関わることでいいかげんだった苫子の人間関係にもちょっとずつ動きが生じて、ちょっと成長していきます。

    苫子は、社会に受け入れてもらえない、でもどうしたらいいか分からなくてそんな自分が嫌なんだけど、実は結衣もあまり人間関係が得手ではなく、だから計算やフォローで努力している。そんな結衣に苫子は、自分の気持に素直に生きているように見えるらしい。
    だから自分の(女たらしの)彼が苫子にちょっかいを出した時だけ本音を出してきた。


    私は「コミュニケーションが得意ですぅ」って人、あまり好きじゃないんです。誰でも「どうしてこうなっちゃうんだろう」とか悩むことあると思うし、悩まない人間て、実は相手のことを見ていないような気がするし。
    ま、苫子のように極端すぎるのもなんですが(^^;)
    でも、「どうしょうもない自分」を隠さずにやっていこうとする苫子は実は強い人なんじゃないかと思います。
    だからそれがわかる人とは関係が続いていくんじゃないかな。


    スイッチ (宝島社文庫 607)
    さとう さくら 宝島社 売り上げランキング: 130610



    メルヘンクラブ
    メルヘンクラブ
    posted with amazlet at 09.07.01
    さとう さくら 宝島社 売り上げランキング: 129214


    「メルヘンクラブ」→
    「sweet aunt」→
    「携帯を盗み読む女」→


    JUGEMテーマ:恋愛小説

    コメント
    こんばんは。
    TB&コメントありがとうございました。

    >誰でも「どうしてこうなっちゃうんだろう」とか悩むことあると思うし、悩まない人間て、実は相手のことを見ていないような気がするし。
    これ、同感です。
    悩みすぎるのもよくないけど、誰でも少しはこうやって悩むこと、ありますもんね。
    苫子に共感する部分が私も沢山ありました。
    • by masako
    • 2009/10/28 10:58 PM
    masakoさん
    コメントありがとうございました。
    私も、世渡りが下手な方なので苫子の気持ちがわかるような気がします。
    結衣も実はそうなんだけれども、苫子より器用で世の中と折り合いをつけようとしている分、大変なのかもしれませんね。ちょっとムカつく子ですが、結衣にも共感してしまいます。
    • by 日月
    • 2009/10/31 1:00 AM
    コメントする
    トラックバック
    「スイッチ」さとうさくら(2006)☆☆☆★★ ※[913]、国内、現代、小説、フリーター、恋愛小説、第1回日本ラブストーリー大賞審査員絶賛賞 ※なんだかとても中途半端なレビューです。困った。 正直に言えば、こういう作品をぼくは好きじゃないはず。 主人公は
    • 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜
    • 2009/07/17 7:28 AM
    「スイッチ」 ★★★☆☆さとうさくら 第1回日本ラブストーリー大賞審査員絶賛賞受
    • 飴色色彩日記
    • 2009/07/27 10:21 PM
    他人との接点が少なく、孤立している主人公。バイトも長く続かず、人間関係のいまいちだけど後ろ向きな彼女にも、少しずつ他人を変えて自分が変わってゆく、様子が旨く描かれておりすっきりした小説となっていました。
    • ゼロから
    • 2010/01/26 11:28 PM
    この記事のトラックバックURL