「プリンセス・トヨトミ」 万城目 学

2009.07.12 Sunday

0
    関東出身の私には、関西地方は不思議で魅力的な憧れの土地です。
    何が起きても不思議じゃない、関西にはそんな雰囲気を感じます。
    そう、たとえば京都では茶きん絞りの「オニ」が闊歩し奈良では鹿が言葉をしゃべり、そして大阪には人知れず伝えられた「国」があったとしても…

    大阪には豊臣家の末裔を守るため、ひそかに作られた「大阪国」というシステムが存在する。けれどその中心となる大阪国の「王女」自身は自分の出自を知ることはない。「王女」の存在が危うくなったとき、または大阪国が危機を迎えたときは、大阪に住む200万の男たちが立ち上がる。迎え撃つのは国の会計検査院。明治の昔の結ばれた条約によって大阪国に流れ行く国の補助金を不当とみなして追及してゆく。

    最初、「会計検査院」というお堅い国の機関と、とある大阪の中学校での出来事がどう結びつくのか不思議だったのですが、見事に糸が繋がっていきました。まさか会計検査という極めて現実的な事柄が非現実的な「大阪国」に切り込んでいく様子や、大阪国が危機に瀕したときの発動の仕方が実に巧妙で面白かった。
    ただ、私は女なので「男のみ」っていう大阪国のしくみにちょっと抵抗感があったり、お話のクライマックスがもっと盛り上がってもいいのになとは思いました。そこだけがちょっと残念。

    登場人物はそれぞれ豊臣家にゆかりの人々の名前がつけられています。”プリンセス”である茶子は茶々(淀君)で苗字の「橋場」は「羽柴」、豊臣秀吉の旧姓。
    茶子の性格「(自分が起こした事件が)後々どういうことを引き起こすかについて無自覚」っていうのも淀君っぽい。(^^;)
    幼なじみの「大輔」は真田幸村の息子で最後まで豊臣家の一族につき従った人物。一方、会計監査院側は「松平」は徳川の旧姓で「鳥居」は鳥居強右衛門かな。だいぶ性格違うけれど…
    「旭」は豊臣秀吉の妹で家康に嫁した女性。
    徳川側にいながらも、もとは豊臣側という旭の立ち位置を考えると、「プリンセス・トヨトミ」での旭・ゲーンズブールの役割にぴったりな名前だと思います。

    過去と現在をつなぐ細い糸が縒りあって「歴史」をつくるとするならば、万城目さんのたくみに紛れ込ませた感じがします。明らかに周りと毛色が異なるのに、違和感も確かにあるのに、「もしかしたらあったのかも」って思っちゃうんですよね。

    プリンセス・トヨトミ
    万城目 学 文藝春秋 売り上げランキング: 2367


    映画「プリンセス・トヨトミ」の感想はこちら→

    プリンセス トヨトミ DVDスタンダード・エディション
    ポニーキャニオン (2011-11-16)
    売り上げランキング: 2620



    「鹿男あをによし」→
    「鴨川ホルモー」→
    「ホルモー六景」→
    「ザ・万歩計」→
    「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」→
    「ザ・万遊記」→
    「偉大なる、しゅららぼん」→

    JUGEMテーマ:小説全般


    あと、大阪国の国民は「王女」以外全員男なので、女性の立場からみてちょっとつまらないなと思っていたのですが、ところがさすがは大阪の女性たち。しっかり男どもが何をしていたか知っていたんですね。( ̄▽ ̄)「男が何かアホなことやってるけどほっとこ」ってセリフが浪速女の心意気を感じました。
    コメント
    日月さん☆おはようございます
    そうそう、関西ならではの説得力ですよね。(#^.^#)
    大阪国を必死に守ろうとしている男たち、そんな男たちを温かく見守っている女たち、絶妙なバランスでしたね!
    • by Roko
    • 2009/07/12 9:17 AM
    Rokoさんへ
    本当に、関東人にしてみれば、関西は何が起きても不思議じゃないですよね。
    はた目から見たらバカバカしくても、それをみんなが一生懸命守る姿はかっこよかったです。( ̄▽ ̄)
    • by 日月
    • 2009/07/12 1:26 PM
    日月さん、こんにちは〜!
    私も関西は旅行などで、ちょこっとしか行ったことがない場所なので、知ってはいるものの、ちょっと遠くて、不思議な感じがするんですよ〜。
    とはいえ、関西出身の人が回りに多いのです。

    この小説、男女の役割?が違っていて、でも読者を怒らせたらアカン・・とばかりに、ちゃんと女性にも気を配っているところが、なんだかマキメさん、可愛い〜と思ってしまいました。
    • by latifa
    • 2009/07/15 8:42 AM
    latifaさんへ
    マキメさんのエッセイには、大阪弁を文章にする難しさについて書いていましたが、リズミカルですらすら読めてしまいますね。
    大阪の男もかっこいいですが、それを見守る女たちもまたかっこいいです。( ̄▽ ̄)
    • by 日月
    • 2009/07/15 8:05 PM
    今更ながら、我がblogにコメントいただきありがとうございました。
    どこかで拝見したお名前だと思っていたのですが、八重さんのお友達でいらっしゃいますね〜。
    (気づくの遅くてすみません^^;)
    以後お見知りおきを〜♪

    「万城目」を「マキメ」と読むことすら知らなかった私ですが…この本はホントに歴史を知った上で読んだら楽しさ倍増ですね。
    名前にそんな重要なヒントがあったなんて^^
    鹿男も読んでみます♪
    • by 修子
    • 2009/10/24 10:01 PM
    修子さんへ
    八重さんのところから時々よらせていただいていました。
    「鹿男」も面白いですよ。
    マキメさんにかかると荒唐無稽な出来事が実際にありそうに思えるから不思議です。
    • by 日月
    • 2009/10/25 3:24 PM
    コメントする
    トラックバック
    プリンセス・トヨトミposted with amazlet at 09.06.1
    • Roko's Favorite Things
    • 2009/07/12 9:18 AM
    この本を読む直前まで、中上健次の「枯木灘」「岬」「鳳仙花」を読んでいたのですが、やっぱり関西弁といっても、場所によって違う様で、中上さんの本で書かれていた紀州弁?よりも、この「プリンセス・トヨトミ」の大阪弁の方が、読みやすいというか、
    • ポコアポコヤ
    • 2009/07/15 8:38 AM
    プリンセス・トヨトミクチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2009/2/26) # ISBN-10: 416327880X 評価:88点 大阪の男のバカさ加減をしっかり書いてくれていて、読んでいてうれしくなった。 徳川が作り直した大阪城の下に、隠れるように作りあげられた大阪人の
    • デコ親父はいつも減量中
    • 2009/11/28 1:01 AM
    小説「プリンセス・トヨトミ」を読みました。 著書は 万城目 学 なんとも奇想天外な話で いかにも 万城目さんらしい作品でしたね ネタばれになるので あまり言えないのですが この発想は面白くて 荒唐無稽といえば そうなの...
    • 笑う学生の生活
    • 2010/07/29 11:49 AM
    この記事のトラックバックURL