「ひみつの逢印観光公司」 グレゴリ青山

2009.07.15 Wednesday

0
    初めてグレゴリ青山さんを知ったのはモーニングの連載
    ひみつの逢印観光公司」でした。
    アジアへの旅のできごとや、昔懐かしい映画の話、田舎暮らしの友人の家での様子を描いたこのマンガは、私の好きなものや憧れていたものがぎゅっとつまっていて、それからグレゴリ青山さんの本は欠かさず買っています。

    特にバックパッカー時代のアジア旅行の話は、旅のハプニングや旅で出会ったすてきな人たちや、ハチャメチャな旅の仲間、アジアの夜の裏の面など、実際に旅をした人でしか描けないディープな旅の話が次々と飛び出します。
    バックパッカー御用達の安いビーマンバングラデシュ航空では昔は座席指定がなくて「早いいもん勝ち」だったのだとか。
    外国人旅行者が珍しいアジアの田舎では、物珍しがられたり親切にされたりする一方、テレビの影響からか、へんてこな日本語で話しかけられることもあったのだとか。(この辺は日本の戦争とか占領が影響しているらしい)

    ひみつのグ印観光公司
    グレゴリ青山 講談社




    「もっさい中学生」→
    「ブンブン堂のグレちゃん」→
    「グ印関西めぐり(濃口)」→
    「ナマの京都」、「しぶちん京都」→
    「旅のグ」→
    「旅であいましょう。大人の週末バックパック」→
    「田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円」→
    「グ印亜細亜商会」→
    「旅のうねうね」→
    JUGEMテーマ:バックパッカー


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL