NON STYLE出演舞台[DVD] 犯人と人質(オレ)

2009.07.16 Thursday

0
    大好きなNON STYLE、大好きな鈴木つかささん演出の神保町花月舞台「犯人と人質(オレ) 」を見ました。面白かった!

    その他の出演者もギャロップ、ミサイルマン、矢野勝也(矢野・兵動)など芸達者揃い。オープニング、「犯人と人質(オレ)」のタイトル紹介の演出がかっこよく、プラン9のオープニングを彷彿とさせます。さすがはつかささん。( ̄▽ ̄)

    犯人と人質(オレ) [DVD]
    犯人と人質(オレ) [DVD]
    posted with amazlet at 13.02.16
    よしもとアール・アンド・シー (2008-11-19)売り上げランキング: 38,723


    会社をリストラされた加藤と秋山は、社長の誘拐を計画し、実行に移そうとするが、誘拐直前、社長はもうひと組の覆面たちにさらわれてしまう。実は他の2人組は勘当された社長の息子健太郎だった。人質をめぐり交錯する2組の犯人。この奇妙な誘拐事件の結末は…

    楽屋トークやメイキングもあって盛りだくさんの内容でした。
    普通、裏方であるはずの演出・鈴木つかささんの露出も多い。
    つかささんは舞台にも特別出演を果たしたり、石田さんちに泊まりに行ってプラモを1個完成させて帰っていったとか、演者よりも笑いと話題をさらっていきました。
    NON STYLEの石田さんの演技はさすが。表情一つ一つがだれよりも自然。このあと「恋愛戯曲」というお芝居に呼ばれただけのことはあって、さすがにうまい。(^^)

    井上さんはねえ、セリフ回しはすごくうまいのだけど、なんだろう、観ていて違和感があったなあと思っていたら、つかささんの、「抑揚があるけど不自然」のコメントを聞いて、ああ、そうだ!と。

    たしかにどうしても漫才師の部分がでてきちゃうみたいですね。ただ、芸達者の井上さんのことなので、お芝居もすぐうまくなるんだろうな。

    棒読みだけど自然」のギャロップ林さんとは対局。執事役の矢野さんはいぶし銀ででかっこよくて笑える。特に派手なことをするわけじゃないのに、存在感があって、笑いをかもしだすところはさすがです。

    お笑い芸人さんたちのいつもと違った面が見れる「犯人と人質(オレ) [DVD]」ファン必見ですよ。( ̄▽ ̄)


    ノンスタトークDVD NON STYLE TALK 2011 Vol.1→
    [DVD]NON STYLE NON COIN LIVE in さいたまスーパーアリーナ→
    [DVD]NON STYLE LIVE 2009 M-1優勝できました。感謝感謝の1万人動員ツアー→
    [DVD]NON STYLE LIVE 2008 in 6大都市 〜ダメ男vsダテ男〜→
    [DVD]NON STYLEにて→
    M-1グランプリ2008→

    JUGEMテーマ:お笑い




    ただ、ストーリーはもうひとひねり欲しかった。私は今までお笑いの舞台はプラン9とジョビジョバしか観たことがなかったので、良くも悪くもその2つを基準でみてしまうんですよ。

    だから、オチがもうひとつくらい用意されてるんじゃないかと。そうしたら井上さん演じる秋山に裏エピソードを持たせてみんなを惨殺。

    そして不幸となると笑ってしまう性質を生かして、最後高笑い…とか。そんなラストも観てみたかったな。もし久馬さんが脚本を書いていたらどんなラストだったかな、なんて思ってしまいます。
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL