NHK連続テレビ小説 「芋たこなんきん」

2009.07.24 Friday

0
    年をとってもずっとおしゃべりができる夫婦っていいなあ。
    作家田辺聖子さんの半生をドラマ化した「芋たこなんきん」。これはそのノベライズ版です。

    昭和40年代、BG(当時のOLの呼び名)をしながら作家修業をしていた花岡町子は、ひょんなことから知り合った医者・徳永健次郎にプロポーズされる。返事を保留にしていた町子だったが、その間に大きな賞を取り、作家として忙しくなってしまう。

    結婚したら仕事も家のことも中途半端になってしまう、とためらう町子に健次郎は「中途半端と中途半端をトータルしたら人生満パンやないか」と言い、二人は結婚することに。

    しかし、妻に死なれた健次郎には両親・妹のほか中学生を頭に5人の子供たち、その他にも風来坊の長男・昭一がおり、たくさんの家族に囲まれ、作家業・主婦業・子育てにてんやわんやの生活がはじまった…
    町子と健次郎は時おり口ゲンカをしながらも、毎日飽きずに飲んで、食べておしゃべりを楽しんでいます。

    健次郎さんのプロポーズがすてきでした。
    中途半端と中途半端をトータルしたら人生満パンやないか

    結婚て他人同士が添うわけですから、そりゃ大変なこともありますよね。でもこんなすてきな言葉をかけてくれる旦那さんと、おしゃべりして、おいしいものを食べて、お互いの仕事に励むことができたら、毎日楽しいだろうな。それにはきっと、「何事も楽しむ才能」が必要で、町子さんはその才能をもっているんですね。

    実際、田辺先生は旦那様とよくおしゃべりをして、それが作品にもいい影響になったのだそうです。有川先生も旦那様の後押しで作家になる決意をしたというし、すばらしい作家にはすばらしいパートナーがつくようになってるんですね。

    NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』上巻

    新品価格
    ¥1,980から
    (2020/5/7 13:32時点)





    NHK連続テレビ小説『芋たこなんきん』上巻

    新品価格
    ¥1,980から
    (2020/5/7 13:37時点)





    「孤独な夜のココア」→

    「おちくぼ姫」→

    「ほどらいの恋」→

    「ジョゼと虎と魚たち」→
    コメント
    コメントする