2009.07.19 Sunday

[DVD] バカリズム ライブ 「科学の進歩」

バカリズムライブ 「科学の進歩」を見ました。
すごいです、すばらしいです。バカリズム。
この独特なネタの発想と構成力はどこから湧いてくるのか。

部活の話が重大な出生の秘密のように語られる「DFの高飛びFWの餌食
私はお前の本当の顧問じゃないんだ」本当の部活は将棋部なんだそうです。(^^;)

クイズ番組の司会者のように医師が診察を進めていく「総合医者」は「総合刑事」の姉妹版。
マイクを持った総合医者が患者に意気込みをマイクで聞いたり、ナースに病状をフリップに描いてもらったりして診察を進行させていきます。

男子小学生の口調でいい加減にニュースを読み上げる「にゅーす
APの好きな女の子をばらしたり、悪ふざけをすると、おそらく偉い人に怒られたんでしょう。そのあと涙声で、「ここにわぁ、ニュースを読むためにきましたぁ」と反省させられる。

その他、笑神降臨でもやった「WARUYONO!」、定番コント「贈るほどでもない言葉」、中年男と火星人との戦い「あの坂をのぼれば」など。

「あの坂をのぼれば」は、夢ネタなんですが、「リンドバーグのボーカルの人」とか「マラドーナに似た人」とか夢らしい微妙な表現がさすが。最後は夢の中だとわかったので女湯を覗きに行こうとするのですが、そこで彼が見たものは…夢オチらしいオチでした。

バカリズム ライブ 「科学の進歩」 [DVD]
ビクターエンタテインメント (2008-11-26)売り上げランキング: 2667


笑神降臨 バカリズム編→
DVDバカリズム ライブ「生命の神秘」→

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/866171

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM