「旅で会いましょう。 (大人の週末バックパック)」 グレゴリ青山

2009.08.12 Wednesday

0
    旅のグ」シリーズでは、長期バックパッカーの旅の様子を描いたグレゴリ青山さん。今回の「旅で会いましょう。」シリーズは、大人の週末バックパックとサブタイトルにあるとおり、少しの休みでも楽しめるバックパック旅行を紹介しています。
    休みの少ない日本人は、なかなか長期で旅をする勇気も時間もありませんしね。

    なんにも用事がないけれど、汽車に乗って大阪へ行って来やふと思ふ
    という内田百寮萓犬痢第一阿房列車」のように、なんにも用事がないけれど船でロシアに行くだけの旅。

    2泊3日の船旅でウラジオストックにつくと、その日のうちにまた船に乗ってもどるというスケジュールです。
    船の旅ときくと長期ツアーで遠くまで行くイメージがありますが、ロシア、韓国、中国、台湾など日本から客船で気軽に行ける国もあるんですね。
    そして、これといった観光名所によるわけでなくただ「行って帰ってくるだけの旅」、実はこれが結構面白い。(^^)船の上で女好きのポーランド人旅行家に口説かれたり、船から投げる紙テープで旅情を感じてみたり。旅行というとすぐ観光をしたがるよりも、「行って帰ってくるだけの旅」は、とても気持ちが贅沢になる気がします。一生に一度くらいはこんな旅がしてみたいなあ。

    それでもなかなか旅行に出られない時は、この本を読むと週末バックパッカー気分が味わえます。

    グレゴリさんの旅の体験談のほか、旅行荷物のまとめ方や旅での洗濯の裏ワザまで、旅に役立つ情報もたくさん。
    旅で会いましょう。 (大人の週末バックパック)
    グレゴリ青山 メディアファクトリー 売り上げランキング: 17901


    阿房列車 1号 (IKKI COMIX)
    内田 百間 一條 裕子 小学館

    阿房列車 1号 (IKKI COMIX)

    ●グレゴリ青山さんの作品
    「旅のうねうね」→
    「ひみつのグ印観光公司→
    「もっさい中学生」→
    「ブンブン堂のグレちゃん」→
    「グ印関西めぐり(濃口)」→
    「ナマの京都」、「しぶちん京都」→
    「旅のグ」→
    「田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円」→
    「グ印亜細亜商会」→
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL