「バルサの食卓」のお菓子をつくってみた。

2009.08.18 Tuesday

0
    精霊の守り人」「獣の奏者」「狐笛のかなた」など、上橋作品に登場する料理のレシピ本「バルサの食卓」。

    前回は無発酵のパン、バムを作りましたが、今回はお菓子にチャレンジ。
    お菓子といっても、庶民がつくるものですので
    シンプルで作り方も簡単なものが多いのです。

    「精霊の守り人」シリーズの「天と地の守り人」に登場する
    芋団子、トッコは、主人公バルサが幼なじみタンダと近所のおじいさんの家に手伝いに行った時によく食べさせてもらったお菓子です。

    さつまいもを蒸かしてつぶし、片栗粉と蜂蜜を混ぜて焼くだけの
    シンプルなおやつ。
    …のはずなのに、うまいこといかない…orz
    レシピのハチミツを砂糖に変えたせいなのか、芋自体がパサパサだったからなのか、全体的に水分が足りない感じに(^^;)
    パサパサのときはもうちょっと水分を足した方がいいのかなー?

    ひび割れになってしまった…


    バルサの食卓 (新潮文庫)
    上橋 菜穂子 チーム北海道 新潮社 売り上げランキング: 940


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL