「ミステリー通り商店街」 室積 光

2009.09.01 Tuesday

0
    都立水商!」では水商売、「ドスコイ警備保障」では力士、を描いた室積さんがこんどは「ミステリー」をテーマにまたまた奇想天外な話を書いてくれた「ミステリー通り商店街」 。

    家業を継ぐため出版社を退職した鳥越は、後輩から作家三井大和が行方不明になっていると相談される。当初は気ままな旅行かと思われたが、三井が気にしていたサイト批評家・岩田が気にかかり、岩田の住む温水町を訪れる鳥越。そこは「ミステリー」町おこし事業とする「ミステリー商店街」だった。
    聞き込みの結果、三井がこの町を訪れていたことがわかったが、鳥越を協力する姿勢をとりつつも、興味本位で好き勝手な推理を展開する町の人たち。
    いったい三井はどこにいるのか、岩田は三井失踪に絡んでいるのか…

    「ミステリー」と名前がついているのだから、さぞかしどんでん返しの展開が待っているのかと思いきや、「ミステリーを思いっきりいじりたおした」作品でした。ミステリーの定番、探偵が推理をしようとすると他の面々が好き勝手に推理を話し出すし、かっこいい死体の隠し方も見つからない。なぜか最後は崖の上で犯人が語っちゃったり、これでもかというほどミステリを茶化しています。

    この作品に出てくる岩田さんは権威大好きで上から批評するようなやな奴だったのですが、主人公がサイト批評家への無責任さを指摘するところは、ブログで読書感想を書いている私もちょっと考えさせられました。「おもしろかった」「つまらなかった」はあくまで私個人の感想ですし、批評をするつもりはさらさらないのですが、
    それでも無責任な批評といわれれば否定はできないんですよねぇ。


    ミステリー通り商店街
    室積 光 中央公論新社 売り上げランキング: 512531

    都立水商(おみずしょう)!
    室積 光 小学館 売り上げランキング: 546100

    ドスコイ警備保障 (小学館文庫)
    室積 光 小学館 売り上げランキング: 218705


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    締め切り前だというのに、作家の三井大和と連絡が取れない。 後輩担当者に泣きつかれた鳥越は、元編集担当者として、三井を探しに出たのですが・・・というお話
    • KOROPPYの本棚
    • 2009/11/20 9:07 AM
    この記事のトラックバックURL