「白州正子自伝」 白洲 正子

2009.09.08 Tuesday

0
    NHKのドラマ白州次郎を見てから、白州次郎、正子さん関連の本を読みたくなりました。

    白州正子自伝」は芸術新潮に連載されていたもので、「自伝」と書いてはありますが、夫・白洲次郎氏や家族の話、青山二郎とのすさまじい交流譚、骨董や旅の話などなど、エッセイのような文章です。

    白洲正子自伝 (新潮文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2019/4/4 21:10時点)




    伯爵家の令嬢であられた正子さん。どれたけご実家がすごいかというと、家には黒田清輝の絵画(重要文化財級!)がかけられ、別荘には昭和天皇が行幸され、無二の親友は秩父宮妃殿下であらせられるんですよ。

    しかし、やんごとなきお育ちではあるものの「韋駄天お正」と異名をとる、大層なおてんばだったそうで、思い立ったら行動する性格はお年を召されてからも変わらなかったらしい。

    NHKのドラマ「白州次郎」では中谷美紀さんが白洲正子さんを演じていますが、劇中、中谷さんが「ぶっ殺しますよ!」と啖呵をきったのを見て、はたして華族のご令嬢がそんなことを言うのだろうか?と思っていたのですが、この本によると、正子さんは幼少のころから「ブッコロス」とか「バカヤロウ」などのお言葉をお使いになっていたのだそうです。

    ちゃんと原作に忠実だったんですね…。(^^;)

    実は白洲正子さんの文章をちゃんと読むのはこの本が初めてだったのだけれど、文章のなんたるかなんてわからない、素人の私が読んでも読みやすい文章でした。

    余計なものがそぎ落とされている感じがします。

    「白洲正子 TRAVELING DAYS」はドラマで白洲正子を演じた中谷美紀さんが、白洲正子として撮り下ろした写真集。実際に白洲正子が訪れた場所で撮影されています。

    白洲正子 TRAVELING DAYS

    中古価格
    ¥717から
    (2019/4/4 21:14時点)




    こちらは「夫」の白洲次郎役、伊勢谷友介さんが次郎をとして撮り下ろした本。

    NHKドラマスペシャル白洲次郎UNKNOWN YEARS

    中古価格
    ¥338から
    (2019/4/4 21:15時点)





    ドラマ原案 「白洲次郎 占領を背負った男」→
    NHKドラマ白州次郎 第1回「カントリージェントルマンへの道」→
    NHKドラマ白州次郎 第2回「1945年のクリスマス」→
    NHKドラマ白州次郎 最終回「ラスプーチンの涙」→

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL