「武士道セブンティーン」 誉田 哲也

2009.09.24 Thursday

0
    武道としての剣道を目指す青春武士道ストーリー。
    武士道シックスティーン」の続編「武士道セブンティーン

    正直、前回読んだ「武士道シックスティーン」では香織のかたくななまでのジャックナイフっぷりについていけない部分もあったのですが、今回はすごく面白かった!「武士道シリーズ」の中で一番好きです。
    早苗ののほほんとした強引さと、東松女子剣道部のみんなに支えられて香織はスランプから立ち直り徐々に心を開いていきます。ようやくこれから…というときに、早苗は復縁した父親の都合で福岡へ。

    福岡では早苗は名門、福岡南の剣道部に入部するものの、勝つために手段を選ばない指導と、仲良くなった剣道部員、黒岩レナのスポーツとしての剣道の考え方に疑問を抱く。
    早苗はインターハイで次鋒に選ばれるものの、それは中学大会準優勝の香織に勝ったという経験を買われてのことだった。
    香織と目指そうとした「武士道」とかけはなれ、どんどん剣道が嫌いになってしまう早苗。

    今回は早苗ちゃんがいろいろと悩んでます。
    一方、東松に残った香織は後輩の面倒をみたり、チームで勝つために考えたりとずいぶん成長していきます。中学時代のヘタレ男子、清水が不良にからまれたところを助けてなつかれちゃったり。1年の時とは別人のようだ…。・゚・(*ノД‘*)・゚・。

    今回は、武道とスポーツというのは違うものなのだということを実感というか、体感させられました。香織も早苗も、自らの信じた剣道を貫くために、ある行動にでるんですが。それがまた痛快で。

    柔道も剣道も武道というのはもともと優劣を競うものではないんですね。剣道の知識はまったくない私ですが、柔道のように防具や竹刀に色がついたり、やたら競技化してしまうのはやっぱり見たくないです。

    「武士道シックスティーン」→

    「武士道エイティーン」→

    武士道セブンティーン
    誉田 哲也 文藝春秋 売り上げランキング: 439

    武士道シックスティーン
    誉田 哲也 文藝春秋 売り上げランキング: 190


    武士道エイティーンも発売。こちらもたのしみ。
    武士道エイティーン
    武士道エイティーン
    posted with amazlet at 09.09.19
    誉田 哲也 文藝春秋 売り上げランキング: 282


    剣道大会の決勝の映像があったので載せてみました。ものすごく早いですね。

    JUGEMテーマ:気になる書籍
    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    こんばんは〜。
    「武士道セブンティーン」、読まれたのですね!
    新しい登場人物も出てきて、楽しめました。
    エイティーンも早く読みたいです。
    牛くんの母さんへ
    「武士道セブンティーン」、面白かったです!1年の時はいろいろとあった二人ですがずいぶんしっかりしてきました。
    エイティーンも楽しみです。( ̄▽ ̄)
    • by 日月
    • 2009/09/27 12:12 AM
    わーい!!!画像が^^
    初めてちゃんとこういう試合を見れました。
    ありがとう〜。さすが、速いし上手いですね☆
    • by latifa
    • 2010/04/30 8:25 AM
    latifaさんへ
    以前ネットで、剣道の試合のスピードがものすごく速いというのを知り、YouTubeで探してみました。すごいですね。また、この試合をジャッジする審判の動体視力もスゴイです。
    • by 日月
    • 2010/05/01 12:11 AM
    コメントする
    トラックバック
    対照的な2人の女子高生剣道部員の物語「武士道シックスティーン」の続編。 こちらもとっても面白かったです。 主人公の二人だけでなく、周...
    • 心に残る本
    • 2009/09/24 8:49 PM
    ここのところ、体調を崩しておりまして・・・
    • ポコアポコヤ
    • 2010/04/30 8:17 AM
    武士道セブンティーン (文春文庫)/誉田 哲也 ¥660 Amazon.co.jp 「東京と福岡、離れても香織と早苗の二人はそれぞれの剣道を続けていく」 待ちに待ったセブンティーンです!! シックスティーンのラストから少し戻ったところからのスタート。 シッ
    • 日々のつぶやき
    • 2011/02/28 9:57 AM
    この記事のトラックバックURL