「空の中」 有川 浩

2009.09.28 Monday

0
    有川浩自衛隊3部作第2段「空の中」。
    高度2万メートルの成層圏(科学くんの風船カメラが行ったところ
    新たに開発された旅客機のテスト飛行の謎の爆発事故。
    同時期、航空自衛隊F15も成層圏で爆発事故を起こす。
    事故の調査に当たる生き残りの女性パイロット武田光稀と技術者春名高巳は再び成層圏へ向かい、そこに生息する知的生命【白鯨】との出会う。一方、高知県仁淀川沿いに住む高校生・斉木 瞬は浜辺でクラゲに似たいきものを拾う。幼なじみの佳恵とそのいきものを「フェイク」と名付けて飼うことになる。けれどそれが【白鯨】の一部であること、自分の父の死の原因となったことを知ってしまった瞬は…

    海の底」でもトンデモな生物が人を無差別に襲っていましたが、「空の中」の【白鯨】と呼ばれる生物は知的生命体なので、コミュニケートが可能です。しかし、人間というのは自分たちより頭のいいものがいるとどうも落ち着かないようで、結局先走って攻撃しちゃって痛い目にあいます。(^^;)
    ただ、【白鯨】たちは単一生命で生存競争以外の戦いの概念がないため、関係者たちが必死で和睦の道を探りますが、世の中にはうがったものの見方をする人もいて、その仲の代表、【白鯨】の接触事故で父親を失った白川真帆は反【白鯨】団体「セーブ・ザ・セーフ」を掲げ、同じ遺族であり【白鯨】の一部であるフェイクを扱える瞬を誘い込もうとしあます。父親の死から目をそむけてフェイクをそだててしまった瞬は贖罪のために「セーブ・ザ・セーフ」に参加してしまいます。
    瞬を心配して必死で取り戻そうとする佳恵。
    2人を心配する宮じいの、素朴だけれど実直な言葉が心を打ちます。やっぱり真面目に年を重ねた人間の言うことはすごい。
    こんな年寄りになりたい。

    有川作品はただただトンデモな生物を登場させるだけじゃなく、そんな「もの」が現れたときの人間の対応や混乱具合の描写がすごいんですよね。ただ実際にこういう出来事が起こったとき、高巳さんのような切れ者がいればいいのですが…

    文庫版にはオリジナル書き下ろし「仁淀の神様」掲載。
    そして解説は有川さんが尊敬するSF作家・新井素子さん。
    素子姫口調の文体は今なお健在。

    空の中 (角川文庫)
    空の中 (角川文庫)
    posted with amazlet at 09.09.23
    有川 浩 角川グループパブリッシング 売り上げランキング: 859


    有川作品感想
    旅猫リポート
    ほっと文庫 「ゆず、香る」

    クジラの彼
    ラブコメ今昔
    阪急電車
    海の底

    レインツリーの国
    三匹のおっさんふたたび
    三匹のおっさん

    キケン
    ヒア・カムズ・ザ・サン
    シアター!
    シアター2!

    フリーター、家を買う。
    植物図鑑
    県庁おもてなし課
    JUGEMテーマ:SF小説


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL