シルクロードの花嫁。『乙嫁語り 1』 森 薫

2009.10.22 Thursday

0
    エマ」の作者・森薫さんが描く中央アジア・コーカサス地方を舞台にした「乙嫁語り」。20歳の花嫁アミルと、12歳の花婿カルルクの年の差カップルと家族の物語です。

    8歳も年の離れた夫婦ですが、二人はとっても仲良し。(この時代にはこうした年の差夫婦もあったんだとか)アミルさんは弓が上手で、狩りにいっては食材を調達してきます。ウサギやら鳥やら鹿まで、なんでもさばけるし、この時代の嫁入り条件・刺繍も上手。完璧なお嫁さんなのですが、けっこう天然なので、いろいろとやらかします。

    そんなアミルさんを、しっかり者の少年夫・カルルクさんがやさしく見守っています。

    カルルクの家族、じい様、ばあ様、父、母、姉夫婦+4人の子供たち、居候の学者スミスもアミルを家族として認め、アミルさんもも婚家での生活になじんできた矢先、土地争いが発端となりアミルの実家ではアミルを連れ戻し、別のところへ嫁がせようと、兄弟たちが婚家へやってくるのですが…

    中央アジアの文化や暮らし、民族衣装や、馬上の狩りの躍動感あふれる絵は見ているだけで遠い異国に旅しているようです。末子相続なので、末っ子のカルルクさんが跡取りだとか、遊牧民の暮らしだとか、家の柱の彫刻や、絨毯、壁掛けなどの刺繍など、生活の様子が森薫さんらしい精巧な筆致で描き上げられています。

    おすすめです。( ̄▽ ̄)

    乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)
    森 薫 エンターブレイン


    乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
    森 薫 エンターブレイン (2010-06-15)





    森薫作品感想


    「乙嫁語り10」→
    「乙嫁語り9」→
    「乙嫁語り8」→
    「乙嫁語り7」→
    「乙嫁語り6」→
    「乙嫁語り5」→
    「乙嫁語り4」→
    「乙嫁語り3」→
    「乙嫁語り2」→
    「乙嫁語り1」→
    森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→

    言わずと知れた英国メイド物語
    「エマ(外伝)」→
    エマ以前のメイド物語「シャーリー」→
    「シャーリー2」

    「森薫拾遺集」→


    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    森薫「乙嫁語り」です。 森薫といえば、代表作はあの「エマ」!! 詳しくはこちらへ→「エマ」 19世紀末のイギリス。 ヴィクトリア王朝の時代。 メイドと上流階級の恋物語を描いた「エマ」!! 正統派メイドといえば「エマ」!! 2005年に第9回文化庁メディア
    • 『ならうよりなれろ!!』
    • 2011/09/23 4:59 PM
    この記事のトラックバックURL