「小説 東のエデン」 神山健治

2009.11.28 Saturday

0
    09年4月からノイタミナで放送された「東のエデン」はキャラデザインを「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ、「攻殻機動隊S.A.C.シリーズ」や「精霊の守り人」を手掛けた神山健治監督によるアニメです。

    日本各地に発射された10発のミサイル、
    ひとりの犠牲者も出さなかった奇妙なテロ事件。
    森見咲は卒業旅行で訪れたホワイトハウスでなぜか一糸まとわぬ姿の滝沢に出会、窮地を救われる。
    記憶のない滝沢は、拳銃と、82億円もの電子マネーがチャージされた携帯電話を握りしめていた…

    「小説 東のエデン」は、アニメはわからなかった社会背景や各キャラクターの設定、ストーリーの内容が補完されています。
    アニメではいまひとつわかりづらかったヒロイン・森見咲の才能は、さまざまな商品に別の価値を生み出すPOPをつけることで、それを利用した画像検索サイトでサークル「東のエデン」は起業を目指していた。(でもネット関連の事件に巻き込まれて頓挫)ということらしいですね。
    そして、「東のエデン」に重要な存在として活躍するニートについても詳しく描かれています。
    「保護者に養ってもらっている非生産的な若者」ではなく
    「おっさんたちの敷いたレール(就職とか)から外れて新しい世界を構築する若者」として描かれています。
    年功序列や格差社会等、大人たちがつくってしまった矛盾だらけの社会に対して自分たちの価値観で挑んでゆく、といったところでしょうか。物語でも滝沢君がミサイル攻撃を阻止するために相談したのがネット上の掲示板にたむろするニートたちでした。

    小説の最後でTV最終回のその後、映画に続く(?)部分も少し書かれていて、これからの展開が気になります。

    小説 東のエデン (ダ・ヴィンチブックス)
    神山健治 メディアファクトリー 売り上げランキング: 791


    東のエデン 第1巻 (初回限定生産版)【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [Blu-ray]
    東のエデン 第1巻 (初回限定生産版)【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [Blu-ray]


    「東のエデン」TVシリーズまとめ感想→
    東のエデン 劇場版I The King of Eden→
    東のエデン 劇場版II Paradise Lost→

    JUGEMテーマ:アニメなんでも

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    『東のエデン』(ひがしのエデン、英題 Eden of The East)(は、2009年4月より同年6月までフジテレビ『ノイタミナ』枠で放送された日本のテレビアニ...
    • 独断と偏見のアニメ劇場
    • 2009/12/01 1:19 AM
    昨日、レビューコンテストに応募した「クーリエ・ジャポン」様の編集部を訪問させていただきました!編集部の方、R+の方、参加者の皆様、どうもありがとうございました!詳細はまた後日、報告させていただきます。取り急ぎお礼まで。 ---------------------------------
    • 書評:まねき猫の読書日記
    • 2009/12/09 10:38 PM
    この記事のトラックバックURL