ルミネtheよしもと  4かいめ

2009.12.19 Saturday

0
    風邪ひいたり、用事があったりでずいぶん久しぶりのルミネtheよしもと。今回は3回目にいきました。
    南海キャンディーズ、東京ダイナマイトなどM-1決勝者も最後の調整…をしているコンビもあれば、結構自由にやっているところもあり。ただ、時間がなくてパンクブーブー見れなかったのは残念。
    それと、この回、女子高生たちが毎回ピンポイントでいいツッコミを放り込んでくるんです。これがもう面白くて、ひそかに楽しみにしてました。

    ゆったり感
    ネタはおもしろかったんですが、すぐネタにはいっちゃったんですよね。せっかくの舞台なのだから、もうちょっとお客をいじってもよかったのでは…と思います。

    オリエンタルラジオ
    あっちゃんがものすごくかっこいい!(((( ;゜Д゜)))そしてなんだか動きがエヴァっぽい。顔もおもったよりちっちゃい。時おり慎吾のメガネをいじるところがかわいらしいかった。武勇伝以外のネタもかなりおもしろかったです。

    南海キャンディーズ
    有名なストーカーのネタ。しずちゃんの大蛇の動きがかわいらしい。しずちゃんは横顔がきれいだなとおもいました。
    山ちゃんは予想通り気持ち悪かったのですが、ボキャブラリーの多いツッコミはおもしろい。でも気持ち悪いけど。

    どんぴしゃ
    全然知らなかったので正直どうなることかと思ったのだが、予想に反しておもしろかった。ボケの人の王監督の物まねと、マスオさん風の動作が女子から「かわいい〜」の声も。

    NON STYLE
    やっぱり面白かったーー!「安心せい、峰打ちじゃ」のネタと2009のツアーでやった「ドロップ風不良生徒」のケンカのネタ。2本同時に見れたのはなんか得した気分です。( ̄▽ ̄)
    「峰打ち」のネタは何度も見ているんだけど、そのたびにいろいろなアレンジが加えられているみたいで、動きもハデで面白くなってました。「ドロップ風不良生徒」は今日誕生日の仲間が連れ去られたのを不良の井上さんと石田さんが助けに行くはなしなんだけど、誕生日の話とケンカの話がうまくまじりあって、おもしろいんだよねえ。
    好き嫌いの問題もあるのでしょうが、決勝組とNON STYLEのネタを比べて、全然劣っている感じがしないんですよね。
    それなのになぜ…と、思うのはファンのひいき目なんでしょうか。

    M-1グランプリ2008完全版 ストリートから涙の全国制覇!! [DVD]
    よしもとアール・アンド・シー (2009-03-31)売り上げランキング: 1821


    しかし、NON STYLEのファンになってからトーク番組をはらはらしながら見たり、変にオードリーをライバル視したり(ご本人たちはネタにはするけど、気にしてないようですが)もう今年のM-1なんて怖くて見れないんじゃないかくらい追い込まれてしまってます。
    でも、その反面、ツアーやルミネの舞台でNON STYLEを見に行ったり、その勢いで他の芸人さんの舞台も見に行ったりと、どんどん活動がアクティブになり楽しい思いもさせてもらいました。
    ほんとにありがとうNON STYLE。また来年も笑わせてくださいね。
    実は、ノンスタのネタが終わった時井上さんはお辞儀をしてすぐにはけたのですが、石田さんは井上さんがはけたあともちょっと長くお辞儀をしていました。
    でも、どうしたのでしょう。ちょっと心配です。
    もしかしたら準決勝敗退やら写真週刊誌事件ではなく、ただ1年間の感謝を伝えようとしてくれたのかもしれません。どちらにしろ、石田さんのことはすごくかっこいいなとおもいました。
    でも私は相変わらずイキリストファンですけど!( ̄^ ̄)
    コメント
    M1が怖くて見れないかもって言う気持ちめちゃめちゃ共感出来ました。
    石田さんがもの凄く追い込まれている感はひしひしと伝わってきますが、あとは天に祈るのみです。
    でも、結果はどうであれ、NON STYLEの漫才が面白いのは間違いないですよね!
    • by せいら
    • 2009/12/19 8:43 AM
    せいらさんへ
    コメントありがとうございます。
    ノンスタの今回のM-1参加は優勝というより大舞台でまた漫才をやりたいという気持ちで参加したとツアーでいってましたので、もういっかいあの大舞台で彼らの漫才が見てみたいですね。
    でも明日はちょうど外出するので、生で見れないことにちょっとほっとしてます(^^;)
    • by 日月
    • 2009/12/19 11:02 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL