ガレット・デ・ロワ

2010.01.02 Saturday

0
    フランスで新年に食べられるお菓子、ガレット・デ・ロワ。
    最近では日本のお店でも置く店が増えていて、通販などでも手に入るようです。ガレット・デ・ロワの中には「フェーブ」といわれる小さな陶器の人形が入っていて、それに当たると王冠を被り、幸運が約束されるのだそうです。

    日本では衛生面からか、フェーブの変わりに大きなアーモンドをいれたものが焼かれていて、当たった人がフェーブをもらえるのが多いみたいです。

    本当は元旦に買って4日に食べるらしいのですが、賞味期限もあり待ち切れずに食べてしまいました。
    ちなみにフェーブ変わりのアーモンドはちょうど半分に切れたので
    幸運も半分ずつとなりました。( ̄▽ ̄)

    ガレット・デ・ロワ

    ガレット・デ・ロワのフェーブ。ケーキやさんで前もって選ぶので
    意外性はありませんが、好きなのを選べるのはうれしい。
    ガレット・デ・ロワのフェーブ

    近藤史恵さんのフランス料理店を舞台にした日常ミステリ、「タルト・タタンの夢」でもガレット・デ・ロワが登場します。全員に切り分けたガレット・デ・ロワの中にいれたはずの陶製フェーブが入っていなかった。一体フェーブはどこに消えたのか…かわいくて面白くて楽しめる話です。
    「タルト・タタンの夢」→

    タルト・タタンの夢 (創元クライム・クラブ)
    近藤 史恵 東京創元社 売り上げランキング: 114673



    フェーブが出たら1年間ハッピーに♪新年を祝うフランスのお菓子【ガレット・デ・ロワ 】

    【大人気フェーブ】【フェーブ】FVAH003 子羊 L'AGNEAU
    コメント
    日月さん、
    明けましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします。

    ガレット・デロワとくれば、やっぱり「タルト・タタンの夢」ですね!
    このお菓子、気になってましたが、まだ食べたことがありません。どんな味なのかな〜。気になります。
    牛くんの母さん
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いします( ̄▽ ̄)
    ガレット・デロワは生地に、アーモンドクリームを入れて焼いたもので、シンプルなお菓子ですがお店ごとにフェーブやパイの模様に個性を出しています。通販でも買えるようですし、お正月以外でも「ピティビエ」という名前で小さいパイとして売られているようなので、ぜひ一度お試しください。けどフェーブには気をつけてくださいね( ̄▽ ̄)/
    • by 日月
    • 2010/01/03 11:00 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL