「娚(おとこ)の一生 1」 西 炯子

2010.02.02 Tuesday

0
    書店の試し読みではまってしまった西 炯子さんの「娚(おとこ)の一生」。30代半ばのキャリアウーマンと50代の大学教授との大人の恋愛を描いた漫画です。

    電機メーカー課長のつぐみは30半ば。過去の恋愛に傷つき、長期休暇で田舎の祖母の家を訪れるが、まもなく祖母は鬼籍に。仕事を在宅勤務に切り替え、そのまま祖母の家に暮らすつぐみの前に、祖母から離れを鍵をもらったという大学教授・海江田が現れ、なりゆきで同居を始めることに。
    海江田は祖母が以前、講師をしていた大学の学生でずっと祖母に片思いをしていたが、葬儀のときつぐみを見かけて一目ぼれをしたと話す。海江田からの強引なアプローチ、マイペースで毒舌な態度にふりまわされるつぐみだったけれど、徐々に海江田に心を開いてゆくけれど、彼女の胸にささる過去のトゲは容易には抜けないようで…

    この漫画の何がいいかって、海江田教授のキャラクターにつきると思います。関西弁を話し、メガネに煙草、スーツ+ベストを着こなすセクシーな大人の色気。冷たく突き放したかと思うと、時々とろけるくらいに甘く、優しい。
    つぐみをやさしく抱きしめるところがもう、かっこいいったらないい!(≧∇≦)

    「大人の恋愛」の複雑さ、ふみ切れないもどかしさの表現が
    うまい作品だなとおもいます。絵もきれいだし、ギャグの要素、田舎の癒しなど、他にも見所があるのがいいですね。
    巻末の4コマ漫画もかわいい。





    「娚の一生 2」→
    「娚の一生 3」→
    「娚の一生4 結婚」→
    JUGEMテーマ:おすすめの漫画
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL