[映画] 花の生涯〜梅蘭芳(メイ ラン ファン)〜

2010.02.06 Saturday

0
    中国だけでなく、世界をも魅了した伝説の京劇女形・梅蘭芳(メイ ラン ファン)。その波乱の生涯。

    若いころから女形のスターだった梅蘭芳はある日司法官・邱の講演を聞き、京劇の改革について意気投合する。ふたりは義兄弟の契りを交わし、以後二人三脚で役者「梅蘭芳」を作り上げてゆくが、旧体制を維持しようとする師匠・十三燕と芝居で対決することになる。圧倒的な支持で梅蘭芳が勝利するが、勝負に敗れた十三燕はこの世をさることに。

    物語の前半、梅蘭芳の青年時代は、本物の舞台役者・ユイ・シャオチュンさんが演じているそうで、立ち振る舞いや手の動きがものすごく美しかったです。後半はレオン・ライさんが演じていましたが、京劇のシーンは少ないものの、人間「梅蘭芳」の感情部分がすごく伝わってきます。この方は雰囲気や顔だちが伝統芸能の役者さんにすごく近い。ちょっと市川団十郎さんの若いころににてますね。

    この映画には何人もの人間が「梅蘭芳」に魅入られてゆきます。
    邱はその生涯の全てをを賭けて梅蘭芳を盲信的に支え、時にその愛情が狂信的な方向に駆り立てます。師匠との対決を促し、彼と恋仲になった女優との仲を強引な方法で裂こうとする。
    映画のラスト近く、梅蘭芳と離れた時の邱のすさんだ様子が、人生を賭けてきたものを失った悲壮感を感じました。

    奥さんの芝芳も妻というよりマネージャーのように厳しく梅蘭芳に接しているのですが、女優・小冬との恋愛のときは、「彼は私のものでもあなたのものでもない。観客のものなのよ」といい、別れを促します。自分よりもまず梅蘭芳のことを第一に考えているんですね。最後は献身的に彼を支えるいい奥さんでした。


    そして日本侵略時代。ここでも「梅蘭芳」に魅入られた男・陸軍田中少佐が登場します。彼は梅蘭芳の日本での舞台を観ており、軍が宣伝用に梅蘭芳を利用しようとする時には「梅蘭芳は生きるべき」だとただ一人彼をかばいます。田中少佐役の安藤政信さんが素敵でした。それにしても六平さんは威圧的でむかつく陸軍軍人がすごく似合いますね。(^^;)

    日本占領時には女形を演じない意志を表すためにひげをたくわえてた梅蘭芳。どんな男より男らしいです。ここで下手に日本軍に協力しちゃうと後々文革でひどい目にあっちゃうので。
    でも実際の梅蘭芳は文革前に亡くなっているそうです。覇王別姫でもやってような、文革時の京劇の悲惨さを見ずにすんだのはよかったのかもしれません。


    花の生涯 ~梅蘭芳~ スペシャル・エディション [DVD]
    角川エンタテインメント (2009-11-20)売り上げランキング: 4746




    梅蘭芳ー世界を虜にした男ー
    加藤 徹 ビジネス社 売り上げランキング: 91116


    YouTubeに本物の梅蘭芳の映像が。


    コメント
    日月さん、こんにちはー!
    わ〜〜〜!!!思いがけず、こちらで実際の映像を見ることができて、とっても嬉しいです。ありがとうございます♪
    ほんとだ・・・。普段の時は、やせ形というよりは、若干ふっくらした印象があって、そういえば、レオンライに近いかもしれない。
    演技をしている時は、お顔がほっそりして見えますね。

    • by latifa
    • 2010/02/07 10:29 AM
    latifaさんへ
    latifaさんのブログを読んでからぜひ観たいと思っていたのです。それにしてもYouTubeすごいですね。梅蘭芳から戦前の満鉄の映像まで入っているのですから。
    他の映像では腕の動きを見せているシーンがあったのですが、それがまた色っぽくてすてきでした。
    レオンライは古典芸能役者(それも女形)の雰囲気がすごくよく出ていましたね。
    • by 日月
    • 2010/02/07 6:28 PM
    コメントする
    トラックバック
    梅蘭芳(メイランファン)という京劇のスターの一生を描いた映画。「わが愛/覇王別姫」とは、違った内容なので、別ものとして見た方が良いか...
    • ポコアポコヤ 映画倉庫
    • 2010/02/06 11:06 AM
    ☆☆☆★(7点/10点満点中) 2008年中国映画 監督チェン・カイコー ネタバレあり
    • プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
    • 2011/01/03 10:45 PM
    (原題:梅蘭芳/FOREVER ENTHRALLED) 【2008年・中国】試写で鑑賞(★★★★☆) 第59回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門出品作品。 京劇の世界で天才女形と謳われた梅蘭芳=メイ・ランファンの壮絶な生涯を描いた一大叙事詩。 清朝崩壊後の中華民国の時代。
    • ともやの映画大好きっ!
    • 2011/02/09 11:01 AM
    この記事のトラックバックURL