[映画] 知りすぎていた男

2010.02.24 Wednesday

0
    アメリカ人家族が休暇で訪れたモロッコで政治家の暗殺にからんだ陰謀に巻き込まれる「知りすぎていた男

    医師ベン・マッケナは妻で元歌手のジョー、息子のハンクを連れ休暇でモロッコを訪れた。乗り合わせたバスでフランス人ベルナールと知り合いになるが、ベルナールは謎の言葉を残して市場で殺されてしまう。ベルナールは最後に「近々政治家がロンドンで暗殺される。アンブローズ・チャペル…」と謎の遺言を残す。
    その直後、息子のハンクが誘拐されてしまう。
    ベルナールの遺言を警察に話すとハンクの命が危ない。
    マッケナ夫妻はロンドンに向かい、「アンブローズ・チャペル」を探そうとするが…

    昔一度観たことがあるのですが、今観返すと印象がだいぶちがいました。有名なシンバルのシーンに合わせて暗殺が行われるところはハラハラしたのですが、実は物語自体はそんなに複雑ではないのですね。現代の伏線張りまくり、展開多すぎのミステリに慣れてしまったせいか、ちょっとのんびりしているような気もします。
    とはいえ、効果的なショットや音楽での演出はさすがで、何度見ても面白いサスペンス映画でした。

    知りすぎていた男 [DVD]
    ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2005-12-23)売り上げランキング: 50220



    ドリス・デイの有名な「ケ・セラ・セラ」はこの映画の挿入歌。
    ドリス・デイ/ケ・セラ・セラ
    ドリス・デイ エー・アール・シー株式会社 (2008-07-25)売り上げランキング: 187658




    ○ヒッチコック作品
    「ハリーの災難」→
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL