「フリーター、家を買う。」 有川 浩

2010.03.08 Monday

0
    面白くて一気に読んでしまった。「フリーター、家を買う。」武誠治は新入社員研修に嫌気がさしてたった3ヶ月で会社を辞めてフリーター生活を送っていたが、ある時嫁いだ姉・亜希子が帰省し母が重度のうつ病であること、父親・誠一の態度がもとで近所の人々から20年に渡って嫌がらせを受けていたことを知らされる。

    母の治療には今の家を引っ越すことが必須だが、亭主関白で身勝手な父親は母の病気を「小心者の病気」と切り捨てようとする。その日からいいかげんなフリーター・誠治の家を買うための奮闘が始まった。

    ●ご近所いじめ
    少しずつ心を喰い散らかすような、近所のいじめがもうほんとえげつなくて…(((; ゚д゚)))飼い猫にオイルを塗ったり背中の皮を切ったりするんですよ。有川先生は過去に「海の底」でも、近所のボス的な主婦が息子が片思いする女の子のをハブにしたり、クリスマスの電飾を町内でやらないと嫌がらせをしたりする主婦を描いてましたが、本当、一番怖いのは「世間」です。


    ●やっかいな父親
    病気になった母親にまったく理解を示さない父親。世間体を気にして妻が自殺未遂をするまでその現実から目をそむけようとする。読みながらもう、むかついてむかついて…!(#`Д´)
    でも誠治のバイト先のおっさんたちの意見を聞くと、男、特に会社である程度の地位にいる人間は、自分の未知のもの(この場合は妻のうつ病)を怖くて認めることができないのだそうです。

    確かに、うちの父もそういうところがありましたし、つきあった男性も私が体調が悪い時ですら、気遣う言葉をかけてくれないことがあり、ケンカになったことがあります。後で聞いたら「どうしていいかわからなかった」と言ってました。ちょっとパニックになっちゃうわけです。まったく男ってやつは……!(#`Д´)

    誠治がプライド優先父親の操縦方法がわかってくると徐々に父親も態度を変えてきたので、後半は読んでいてだいぶ楽になりましたが。

    ●後半は熱血仕事小説
    紆余曲折ありながらも誠治はバイト先の土木会社に就職することになります。もうここからは仕事小説になります。
    事務方の仕事を兼任することになり、忙しいながらも充実した日々をすごしていきます。その後、人員を補充でやってきたのは、天性のお調子物・豊川と、現場監督を希望する生真面目な東大工学部出身の女性・千葉真奈美。誠治と真奈美は拾った猫がきっかけでなんかいい感じになりそうなのですが、いかんせん家族のことがあるので今一歩踏みきれないというじれったい感じの恋愛要素もちょこっとあり。
    ただ、ひとつ残念なのは就職先の会社がよく書かれすぎなこと。
    実際に建築や土木、建築関連資材会社に勤めたことがあるので、現場担当ごとの派閥やワンマン上司など、どこの会社にもあるような問題は必ずあるので、その編も少し織り込んでほしかったな。

    2010年10月からドラマ化決定!→
    [ドラマ]フリーター、家を買う 第1回→

    フリーター、家を買う。
    有川 浩 幻冬舎 売り上げランキング: 9106


    有川作品感想
    旅猫リポート
    ほっと文庫 「ゆず、香る」

    クジラの彼
    ラブコメ今昔
    阪急電車
    海の底
    空の中
    レインツリーの国
    三匹のおっさんふたたび
    三匹のおっさん

    キケン
    ヒア・カムズ・ザ・サン
    シアター!
    シアター2!

    植物図鑑
    県庁おもてなし課

    JUGEMテーマ:小説全般

    コメント
    日月さん☆こんばんは
    たとえ就職できてもそこで耐えることができなくて脱落する人がかなり多いのが現実です。
    その辺をテーマにもう一冊書いていただけないかしら?なんて思いながら読んでました。
    • by Roko
    • 2010/03/08 8:47 PM
    大悦土木はちょっと理想的すぎる気もしましたが、読んでいて働く楽しさを感じました。ああ、こんな時もあったなあと。(^^;)
    • by 日月
    • 2010/03/08 11:33 PM
    こんばんわ。
    この作品、面白かったんですけど、前半は読んでいて本当に辛かったですね。
    近所のいじめもそうですし、父親の態度も。あんな男最低ですよね!
    誠治も最初は本当にだらしがなくて、お姉ちゃん良く言った!と思いましたし。
    後半は良かったです。ラクに読めました。
    仕事に関しては確かに難が無かった気もします。
    • by 苗坊
    • 2010/03/08 11:56 PM
    苗坊さんへ
    前半はほんときつかったです。有川さんはベタ甘と同じくらい人間関係の怖さとか犯罪の描写がうまい作家さんなので、時々するどいとこをついてきますね。

    父親との根気強い説得は男同士だったからできたことなのかもな、と思いました。わたしは無理です。こんな父親なら見捨てます。(^^;)
    • by 日月
    • 2010/03/09 11:31 PM
    itchy1976です。コメントありがとうございます。前半は重かったですが、後半は若干予定調和的な感じでした。

    精神疾患は怠け者の病気だという人もいます。相手に理解させるのが難しいですね。

    これからもよろしくお願いします。



    itchy1976さん
    ま、ちょっと出来すぎの感はありますが読んでいて楽しい方がいいので、これはこれでありかなと思います。( ̄▽ ̄)
    こちらこそ、よろしくお願いします。
    • by 日月
    • 2010/11/30 9:18 PM
    日月さん 初めまして。touch3442と申します。『フリーター、家を買う。』へのTB、ありがとうございました。
    自分自身もそうでしたが、なかなか息子というものは、素直には父親に相談できないものです。
    そうした父子の機微を、有川さんは上手に描いているなと感心しました。
    TBさせていただきます。
    touch3442さん
    お返事おくれてすみません。父親の取り扱いというのは、難しいものです。有川さんは、軽快な文章の中に親子の関係や、人間の関係をすごく緻密に表現されてる方だと思います。
    • by 日月
    • 2013/12/11 10:46 PM
    コメントする
    トラックバック
    有川浩の「フリーター、家を買う。」を読みました。 主人公の武誠治は、そこそこの私大を卒業して、そこそこの会社に就職したけれども、何...
    • 心に残る本
    • 2010/03/08 7:41 PM
    フリーター、家を買う。posted with amazlet at 09.12.
    • Roko's Favorite Things
    • 2010/03/08 8:42 PM
    フリーター、家を買う。クチコミを見る 大学を卒業して就職したは良いものの、「ここは俺の居場所じゃない」と三ヶ月ほどで辞めてしまった武誠治は、以後再就職も出来ずにだらだらとフリーター生活を送っていた。しかし、母がうつ病になってしまったことを知り、姉から
    • 苗坊の徒然日記
    • 2010/03/08 11:54 PM
    「母さん死ぬな―」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。(「BOOK」データベースより) 主人公の誠治は、変にプライドが高く我慢も足りず、せっかく就職出来た会社も3ヶ月でやめて
    • マロンカフェ 〜のんびり読書〜
    • 2010/10/06 1:11 PM
    明日から始まるドラマ「フリーター、家を買う。」の原作です。 うにゃ、ちょっと予想がはずれたニャ。 「家を買う」ってな題名だったから、フリーターがどうやって購入するのか? そんなノーハウが書いてあるのかと思っていた。 まあ家は買うんだけど・・・ 本当にフリ
    • クラムボンの蹄
    • 2010/10/20 2:39 PM
    フリーター、家を買う。有川 浩幻冬舎 今回は、有川浩『フリーター、家を買う。』を紹介します。話のあらすじを簡潔に言うと、就職したがすぐに会社を辞めてフリーターになった主人公の武誠治が、母親の精神疾患から一念発起してバイトをしながら就職活動し、最終的に
    • itchy1976の日記
    • 2010/11/30 6:41 PM
    不景気がやっと底打ちしたと言われていますが、企業の求人についてはまだまだ厳しいと
    • はらやんの映画徒然草
    • 2012/01/09 10:47 PM
    フリーター、家を買う。有川 浩 幻冬舎 2009-08by G-Tools 11月に読んだ本ですが・・・。ちなみに11月は3冊読みました。10月が2冊だったので、読書もゆるゆる〜〜〜〜〜〜〜っと復帰してきたの...
    • しょ〜との ほそボソッ…日記…
    • 2012/02/14 11:25 AM
     ぼくの場合、テレビドラマや映画を見てから、その原作の小説を読むということは、滅多にない。有川さんの『阪急電車』も『図書館戦争』も、先に原作を読んでいたから、映画を楽 ...
    • 生きることにも心急き、感ずることも急がるる…
    • 2013/12/08 10:48 PM
    この記事のトラックバックURL