2010.03.16 Tuesday

「日本人の知らない日本語」 蛇蔵 海野凪子

大人気の「日本人の知らない日本語」を読みました。
日本語教師凪子せんせいが外国人の生徒たちの奇想天外な質問に遭遇する日本語エッセイマンガなのですが、われわれ日本人も知らないような言葉の由来や敬語の使い方なども紹介されていて勉強になります。
たとえば「がんばってください」は目上の人につかっちゃいけないのだそうで、その場合は「お疲れのでませんように」というのが望ましいのだそうで。
…そんな日本語、この国に何十年も住んでいるけど一回も聞いたことないぞ(^^;)そのほか、任侠映画ファンのマダム・マリーさんが行っていた花札の「あのよろし」の「の」みたいな字は「か」の古いひらがなだったというのも初めて知りました。

それにしても、外国人生徒たちはみんな個性的で面白い。
武士にあこがれて留学してきたスウェーデン人の女の子は友人たちに「武士に刀で切られるから」という理由で留学を止められたのだとか。インターネットが普及した昨今でも日本は欧米などからはまだまだ未知の国なんですねえ。

そのほか、やや見下した感のある言葉「オイコラ」は、明治期薩摩出身の警察官が方言として使っていたの「えらそう」な言葉としてひろまったのだとか。意味は「ちょっと君」くらいの意味だったそうです。

日本人の知らない日本語
蛇蔵&海野凪子 メディアファクトリー 売り上げランキング: 29


日本人の知らない日本語2
蛇蔵 海野凪子 メディアファクトリー (2010-02-19)売り上げランキング: 142


「日本人の知らない日本語2」→
「日本人の知らない日本語3  祝!卒業編」→
「日本人なら知っておきたい日本文学」→
JUGEMテーマ:日本語教師


Comment
こんばんは〜。
TBありがとうございます。

「日本人の知らない日本語」2巻も出ましたね。未読ですが、気になります!
日月さん☆こんばんは
生徒さん達からのマニアックな質問に丁寧に答えていく凪子先生はエライですよね。
街角で外人を見かけて「あっ、外人だ」と思うというのが、結構ツボに入ってしまいました。
  • Roko
  • 2010/03/18 23:31
牛くんの母さんへ
ようやく「日本人の知らない日本語」を買うことができました!何度も読み返しています。敬語の授業は日本人にこそ読んでもらいたいところです。
勢いで2巻も買ってしまいました。
また感想書きますね。(^^)
  • 日月
  • 2010/03/21 00:40
Rokoさんへ
言葉の由来や歴史など、勉強になることがいっぱいです。これを日本の学校の教科書にしてもいいんじゃないでしょうか?
  • 日月
  • 2010/03/21 00:58





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/918871
「日本人の知らない日本語」、買ってしまいました。 本屋さんで立ち読みできそうなぐらいの分量なのですが、はじめの方を読んでいて、何度か...
  • 心に残る本
  • 2010/03/18 11:11 PM
日本人の知らない日本語2posted with amazlet at 10.03
  • Roko's Favorite Things
  • 2010/03/18 11:25 PM
ちょっと息抜き。久しぶりにマンガです。 題名は「日本人の知らない日本語2」です...
  • はてさてブックログ
  • 2011/09/14 11:03 AM

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM