「乙女の日本史」 堀江 宏樹 滝乃 みわこ

2010.04.06 Tuesday

0
    歴史はおじさんだけのものじゃない。歴女ブームにのって女子のための歴史本「乙女の日本史」ができました。

    乙女の視点からの日本史は今まで堅苦しく、固定観念の強かった「おじさん歴史」を、ロマンチックな歴史ドラマとして紹介されています。でもそれは決して突飛な発想ではなく、史実をきちんと把握した上で、現代的に解釈を行っています。

    ●肉食女子と草食男子の国


    古事記の時代から今でいう草食男子、肉食女子は存在してようで、確かに乙女目線でみるとイザナギや聖武天皇も草食男子なのです。

    聖武天皇は実際に残った書物を見るとかなり女文字で、奥さんの光明皇后はガッツりとした男文字なので、昔から草食男子は存在したのでしょう。

    ●戦国武将


    歴女に人気の戦国武将もかなりページを割いて書かれています。実際のイケメン度の検証や男色に関する記述も。でもエ○的なものではなく、当時の風習や精神性を検証した、いたって真面目な男色論。誤解されやすい歴史をきちんと伝えてくれるのはいいですね。

    ●歴史の常識をくつがえすのは乙女目線


    今まで歴史はおじさん主観によりまもり伝えられてきましたが案外乙女目線の方が歴史の的を得ているような気がします。

    いままで士農工商で身分制度で不自由な社会と思われていた江戸時代は男女の仲かなりオープンで、庶民はほとんど共働きカップルだったのだそう。それでもあまり自由恋愛はできなかったので、心中にあこがれたり、貴重な「恋」を売る花魁がアイドルのような存在だったのです。

    ところが、自由と言われた明治は、以外にも男尊女卑の時代だったというのは驚きでした。確かに当時は女性参政権もなかったし、明治の自由は一部の男性だけが享受できたものなのでしょうね。

    歴史に登場する女性たちに敬意を表し、熱く生きた男性たちに熱い思いを抱く。これこそが新しい歴史観なのかもしれません。
    こういうのを読むと、ほんとうに女でよかったと思う。
    固定観念にこりかたまったオジサンたちにはきっと到達できない部分だと思うから。

    萌える百人一首! 「超訳百人一首 うた恋い。」→

    乙女の日本史
    乙女の日本史
    posted with amazlet at 10.03.28
    堀江 宏樹 滝乃 みわこ 東京書籍 売り上げランキング: 16710


    歴女マンガ家そらあすかさんの戦国武将をモチーフにした漫画。
    城や武将のお墓めぐりや、お気に入りの武将の漫画など。戦国好き女子必見漫画です。

    戦国武女子、参る! いっそ武将に仕えたい!
    そらあすか メディアファクトリー 売り上げランキング: 102739


    乙女の日本史 文学編 (コンペイトウ書房)
    堀江 宏樹 滝乃 みわこ 実業之日本社 売り上げランキング: 11885

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    乙女の日本史滝乃 みわこ by G-Tools まだ最初の方を読んでるんですが、おもしろい! ナニこの面白さ! どうなんだろう、自分がそこそこ...
    • 月のブログ
    • 2010/04/18 10:03 PM
    この記事のトラックバックURL