2010.06.21 Monday

ルミネ the よしもと 6/21

さて、本日は休みがとれたのでルミネ the よしもと 6/21日 2回目に行ってきました。開演が遅れているせいか、開場前には人人人。久しぶりに平日でこんなに混んでいるのを見た。確かに人気の方々がたくさんでていたのでね。

で、印象にのこったネタの感想などを。

トータルテンボス
なんでこの人たちがトップバッターなのかと思ったら、その後藤田さんのツイッター見ると、ルミネ終わりに仙台へ直行だったようです。ネタはホテルのやつ。「ジンギス館はすきやき専用」とか「施工主のバカ!」ととか、トータルならではの言葉まわしが好きだわww。

キングコング
笑神降臨やM-1でしか見たことがなかったのですが、いや、スピードありますね。携帯の機種変更をしに行くだけの話なのに、話がイロイロと脱線していくたびに、西野さんのスーツがぐちゃぐちゃに。(^^;)印象に残った言葉は「ポンデリング」。

鈴木つかさ&イカ(HANDSOME BOYZ)&EGU-SPLOSION
ダンサーとコントが融合したダンサブルコント(説明まんまやん…)鈴木つかささん演じる社長が、ダンサーのオーディションを行うものの、方言、ホームレス、おじいちゃん、そしてイカ!堯福姥 ̄)この人のダンスがもう、気持ち悪いんですわ。
そんな個性的なダンサーたちをつかささんがうまいことまとめています。つかささんを見るの実は初めてだったのですが、思ったほど「ちいさいおっさん」ではなくむしろ「ちゅうくらいのおっさん」でした。

中山功太
高校生が偶然一緒に帰ることになった同級生とのひと悶着。同級生を振り切りたいのにそれもできず、話しかけても会話がうまく盛り上がらないという、かなりいやーな雰囲気に。
大爆笑がとれる、という感じではないんですが、じわじわ、ニヤリとするネタですね。( ̄ー ̄)DVDで見た「DJモンブラン」を思い出します。


・NON STYLE
コント「Bar」の漫才バージョン+とホームランネタ。
井上さんの変な声色「い〜らっさっせ〜」が相変わらず気持ち悪い。(私はすきだけどね)こんな声のマスターのいるBarは嫌だ。
「雨が降ってきやがった」と、かっこつけて店に入ろうとすると、ガラガラ〜っとシャッターを占められる。(*゜▽゜ノノ゛
ホームランのネタはテレビでは何度も見ているけれど、実際に舞台で見ると臨場感がハンパない。石田さんのジャンプの高さとか、井上さんの投げキッスとか。今日は前回よりも軽めの1回でした。客の反応がいい時はキッスを倍増してくれるのですが…残念。

・ライセンス
吉本男前コンビも今回がお初。
いやー、おっとこまえですねえ。藤原さん、背ぇ高いなあ。
今時のCMの話から超高速のエレクトリカルパレードの話へ脱線。
初めて生でみたけど面白いです。ライセンス。
ふと足元を見ると、「アメトーーク」のハンサム芸人で紹介されていたように、井本さんの足元の角度が男前になっていました。


・井上マー、結構おもろい。でも長かった。
・ルート33、ネタは面白かったけどボケの人が友人に似ていたためなんか友人が漫才をしているような気分になり、いまいち入り込めず。すんません(^^;)
・井本さん、目の下にくまができていたような気がするんですが、W杯観戦してるんですかね…でも地が黒いので見間違いかもわからんのですが。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/932301

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM