「星間商事株式会社社史編纂室」 三浦 しをん

2010.07.10 Saturday

0
    社史編纂室という部署は実在するのだろうか。閑職の代表格としてドラマや小説などではたびたび登場するものの、その存在はもはや都市伝説の域に片足をつっこんでいる。そんな「謎」の社史編纂室を舞台にした「星間商事株式会社社史編纂室」。 キーワードは「社史編纂室」「会社の過去の不正を暴く」「腐女子」。一見、脈略のないこれらの要素が、どうやってつながっていくかというと… 主人公の幸代は「腐女子」で、同級生3人で同人活動を続けている。社編は同人活動に最適な閑職のため自ら志願してきた。他のメンバーも失敗や左遷で部署を異動になった人ばかり。ある日、会社でイベント用にコピーをしていたBL小説を課長に見られてしまう。その日から社史編纂の裏の目的である会社が過去に行った不正を暴く作業に巻き込まれることになる。 星間商事は過去、東南アジアの小国・サリメニでの受注工事に関して、伏せておきたい事実があった。 次々と明かされる過去。謎の原稿用紙… はたして幸代は過去の真相に迫れるのか? 同時に間近に迫ったイベントの原稿は間に合うのか? こんな風に書くとサスペンスっぽいですが、どっちかといえば恋愛小説です。そして腐女子の結構リアルな日常をうまいこと描ききったのはすごい。ちょっと特殊に見られがちの腐女子ですが、将来への不安と同人活動のはざまで悩んだり、結婚を期に同人を辞める友人へ寂しさをつのらせたりするのは、普通の女子と変わらないんですよね。 物語の途中に主人公が書いたBL小説や、他の人が書いた文章が掲載されているのも面白かった。(ちょっとウエイト多すぎだけれど)
    星間商事株式会社社史編纂室
    三浦 しをん 筑摩書房 売り上げランキング: 116783

    三浦しをん作品感想

    「月魚」→「舟を編む」→「風が強く吹いている」→「きみはポラリス」→「木暮荘物語」→「星間商事株式会社社史編纂室」→「神去なあなあ日常」→「まほろ駅前番外地」→「まほろ駅前多田便利軒」→「まほろ駅前狂騒曲」→「三四郎はそれから門を出た」→
    JUGEMテーマ:気になる書籍
    コメント
    これは面白かったね。
    ってか、三浦さんならではの作品だ。
    腐女子が会社のコピー機使って同人誌作るなんて笑えます。
    バレルところがまたO(≧▽≦)O
    サリメニに行ってしまった方は悲惨…なんてこともなく原稿用紙売っているっていうのも逞しい。
    私は実際同人イベントに遊びに行ったことがあるのですが腐女子の生態、すごくよく表現していると思います。

    三浦しをんさんは毎回いろんな切り口で攻めてきますねえ。次は何がくるんでしょうね。
    • by 日月
    • 2010/07/11 2:59 PM
    コメントする
    トラックバック
    幸代、会社で同人誌を作っていることがバレ、腐女子発覚Σ(゚∀゚*) 星間商事の社史を編集する部署(社史編纂室)に所属する川田幸代。 社史編纂室は、本間課長、先輩・矢田信平、後輩・みっこちゃん、そして名前さえ分からない(見たことない)幽霊部長の5人という
    • クラムボンの蹄
    • 2010/07/11 10:30 AM
    この記事のトラックバックURL