「どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心」 益田 ミリ

2010.09.12 Sunday

0
    30代半ばの女性のリアルな心情を描いたマンガ、「すーちゃん

    主人公「すーちゃん」の、迷いながらも自分の行動に後悔しない生き方に毎回元気をもらっているのですが、今回の「どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心」では、すーちゃんの職場に「どうしても嫌いな人」がやってきます。その子は社長の親戚だとかで、わがまま邦題にふるまい、せっかくすーちゃんが築いてきた働きやすい空間を崩してゆきます。
    職場のバイトたちも文句をいいながらも、長いものに巻かれるように彼女についっていってしまう。

    今までどんな困難や不安があっても、自分の判断を信じてやってきたすーちゃんにも、どうにもならない「どうしても嫌いな人」との確執。「嫌な人のいいところを、無理やりみつけだしても好きになれない」っていうすーちゃんの気持ちは、まったく同感です。

    この本を読んだとき、数年前の自分を思い出しました。
    私にも同じことがあったのです。
    前の職場で「どうしても嫌いな人」が自分の築き上げた仕事方法を否定したり、お客や先輩にも自分の意見をごり押ししたりしていました。そしてなぜか周りの人間に受け入れられていて、そんなところを観るのも嫌で、結局会社を辞めてしまいました。
    しんどいことも多いけれど、でもやめてよかったと思ってます。

    やがてすーちゃんもある決心をするのですが、「会社を休む言い訳にお母さんを何度も危篤にした」と話すすーちゃんに対して、おかあさんが言った言葉がすごくいいんです。

    他の2作に比べてちょっとしんどい内容ですが、すーちゃんならば自分のカンを使ってどこへ行っても大丈夫な気がします。
    また、そうあって欲しいと思うのです。


    「すーちゃん」→


    どうしても嫌いな人―すーちゃんの決心
    益田 ミリ 幻冬舎 売り上げランキング: 294




    「週末、森で」の登場人物たちがすーちゃんの働くカフェにやってくるというサプライズもありました。

    週末、森で
    週末、森で
    posted with amazlet at 10.09.12
    益田 ミリ 幻冬舎 売り上げランキング: 24717


    すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)
    益田 ミリ 幻冬舎 売り上げランキング: 785



    益田ミリさんの漫画
    「すーちゃん」→
    「週末、森で」→

    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    TBとカキコありがとうございました。
    仕事を頑張っていてもどうしようもできない事ってありますよね。それで体調を崩してしまっては元も子もありません。
    すーちゃんの選択は正しかったのだと思います。
    お母さんの言葉、素敵でしたよね。
    私もじーんと来ました。
    私も同じ状況になったら、母は同じようなこと言ってくれるかなぁなんて考えてしまいました^^
    • by 苗坊
    • 2013/10/30 6:31 PM
    コメントする
    トラックバック
    どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心 (幻冬舎文庫)著者:益田 ミリ幻冬舎(2013-04-10)販売元:Amazon.co.jp その人のことを思い出すだけで、心の中がざわざわしてくる。カフェの店長になっ ...
    • 苗坊の徒然日記
    • 2013/10/30 6:32 PM
    この記事のトラックバックURL