「天使はモップを持って」 近藤史恵

2010.10.13 Wednesday

0
    近藤史恵さんの「天使はモップを持って」は、キュートな清掃作業員の女の子がオフィスで起こる不可解な事件を解決してゆくストーリーです。

    キュートな清掃作業員探偵の登場(うっかりワトソンつき)


    新入社員の梶本大介は、配属されたオペレータールームで、制作した書類を紛失してしまう。落ち込む大介の前にビルの清掃作業員にしてはイメージにギャップがあるキリコが(彼女は流行りのファッションのままで掃除をこなすのだ。)無くしたはずの書類を拾ってくれた。しかし、キリコは「これを返すとまた書類がなくなることになるよ。」という。
    そしてキリコと大介は書類紛失の犯人を探すべく調査を開始する。

    キリコちゃんがホームズ、大介くんがワトソン役となり、オフィスで起こる不可思議な出来事の謎を解いていきます。ロッカールームになぜかひよこが現れたり
    娘へのプレゼントであるピンクのパンダが八つ裂きになっていたりと、一見不可思議に見える事件でもキリコちゃんの洞察力と職業柄の情報収集、判断力(ゴミの分析)で、次々と解決していきます。

    取り上げられる事件は誰しもが体験するかもしれないような人の感情であったり社会問題であったりします。ねずみ講や不倫によるトラブルも怖いと思いましたが、一番怖かったのは介護問題。
    大介くんの母親の介護疲れから急逝してしまうのだけれど、大介くんはその後結婚した女性にまた祖母の介護を押し付ける形になるんです。そのへんが実にさらりと書かれているのが、ある意味一番怖かったなあ。もちろん大介くんはその後反省してやり直そうとするのですが。

    天使はモップを持って (文春文庫)
    近藤 史恵 文藝春秋 売り上げランキング: 187056

    モップの魔女は呪文を知ってる (ジョイ・ノベルス)
    近藤 史恵 実業之日本社 売り上げランキング: 272920


    ●近藤史恵作品感想
    「モップの精は深夜に現れる」→
    「モップの魔女は魔法を知ってる」→
    「モップの精と二匹のアルマジロ」→

    自転車ロードレースを舞台にした名作
    サクリファイス→
    エデン→

    ビターな恋愛
    「スタバトマーテル」→
    「アンハッピードッグス」→

    かわいいくて切ないミステリ
    「ふたつめの月」→
    「賢者はベンチで思索する」→
    「あなたに贈るキス」→

    下町のシェフが解き明かすおいしそうな日常ミステリ。
    「タルト・タタンの夢」→
    「ヴァン・ショーをあなたに」→

    梨園の世界を舞台にしたミステリ
    「ねむりねずみ」→
    JUGEMテーマ:ミステリ


    コメント
    こんばんは^^
    キリコちゃんシリーズは大好きです。
    読んでいて事件がおこりますが、癒されます。
    キリコちゃんは本当に掃除が好きなんだなということも分かりましたし。
    大介との関係は好きですけど、内容がヘビーなものも多くありますよね。
    • by 苗坊
    • 2010/10/15 12:37 AM
    苗坊さんへ
    私も読んでみてキリコちゃんシリーズが好きになりました。
    内容は、どこにでもありそうな、でも出会ったらきっとしばらく立ち直れないような人間のドロドロした感情でした。
    それを、掃除と同じように愛情と根気できれいにしようとするキリコちゃんがかっこよかったですね。(^^)
    • by 日月
    • 2010/10/15 7:57 PM
    日月さん、こんにちは!
    殆ど予備知識なく、近藤さんが書いてる小説って事で、ポップそうなので、軽い気持ちで読めるかなぁ〜と、手に取ってみたんです。
    そうしたら、一杯シリーズものが出ている人気作品だったんですね。

    日月さんも以前読まれていたのを発見し、おお〜!と嬉しくなりました。

    介護問題。色々考えさせられました。
    大介ってすごく良い人なのにそんな大介でさえも、無意識にキリコちゃんだけに、介護を背負わせる??様になってしまっていたんですよね・・・。
    • by latifa
    • 2011/09/20 2:24 PM
    latifaさんへ
    キリコちゃんシリーズは好評で、このあいだも久しぶりに新刊が出ていました。

    キリコちゃん結婚後はいろいろなオフィスで仕事をするので、いろいろなパターンの事件が増えて面白くなってきます。
    大介くん、いいやつなんですが、まだまだ頼りないんですよねえ。(´Д`)=3
    • by 日月
    • 2011/09/21 10:21 PM
    コメントする
    トラックバック
    天使はモップを持って オススメ! 深く刺さった、小さな棘のような悪意が、平和なオフィスに8つの事件をひきおこす。 書類紛失、保険外交員墜死、マルチ商法勧誘社員の台頭、派遣女性社員の突然の昏倒、ロッカールームの泥棒、切り裂かれた部長のぬいぐるみ、黒い液
    • 苗坊の徒然日記
    • 2010/10/15 12:37 AM
    それにしても近藤史恵さんって、本当に色々なジャンルの小説が書ける、多方面にアンテナが行きわたっている凄い方なんだなぁ〜
    • ポコアポコヤ
    • 2011/09/20 2:21 PM
    この記事のトラックバックURL