ゴーストハントシリーズ復刊!

2010.10.14 Thursday

0
    小野不由美さんの名作ホラー「ゴーストハントシリーズ」。
    現在は外伝と漫画でしか読めなかった幻の原作がとうとう復刊!v(≧∇≦)v それも全編リライト!

    今までゴーストハントシリーズは、いなだ詩穂さんの漫画化やアニメ化もされてきました。そのすべてを体験して思ったのは、漫画よりも映像よりも、文章が一番リアルで、一番怖いということです。(小説>漫画>アニメの順)

    これでアマゾンでえらい値段がついているため購入に涙を飲み、図書館の閉架書庫から探し当て、ボロボロのページを抑えながら読んでいた苦労が報われるってもんです。
    第一弾『ゴーストハント1 旧校舎怪談』(旧題『悪霊がいっぱい!?』)は2010年11月19日発売予定。楽しみですねえ。

    はっ!(((( ;゜Д゜)))でも小野先生がゴーストハントで忙しくなると、ますます十二国記の続編が遠のくことになるのか…?

    ダ・ヴィンチでは単行本発売記念として『ゴーストハント1 旧校舎怪談』が掲載されています。

    ダ・ヴィンチ 2010年 11月号 [雑誌]
    メディアファクトリー (2010-10-06)


    「ゴーストハント復刊ページ(web幽)」→

    「ゴーストハント2 人形の家/放課後の呪者」→
    「ゴーストハント1 悪霊がいっぱい!?/公園の怪談」→
    コメント
    ゴーストハントも面白いけど、十二国記を何とかして欲しい。
    泰麒と李斎出て行ったままだもんね。
    確かにあの本は小説が一番怖いと思うよ。
    一番怖いのは屋敷の中で血風呂に浸かっているヤツ(T∀T)
    十二国記、確かに続きを買い手欲しいです。でもゴーストハントの原作もなかなか読めなかったので、これはこれでうれしいんですが。わたしは廃校でひとりづつ消えてゆくとこが怖かったです。(^^;)
    • by 日月
    • 2010/10/22 1:19 AM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL