実は外伝の方が好きなんです。 「エマ」 森 薫

2010.11.06 Saturday

0
    19世紀のイギリスを舞台にメイドと紳士階級の身分を超えた恋を描いた「エマ」。作者森薫さんの細部までこだわった時代考証と、美しく細密なタッチで描かれた古き良き世界。

    ウィリアムは引退した家庭教師ケリーを訪ねた際にケリーのメイド、エマに恋をし、二人は心を通わせるが、ウィリアムは貴族ではないものの上流階級の出身のため、二人の恋には障害がつきまとう…

    本編の方は「これでもか!」というくらい二人に困難が襲いかかります。エマたちの理解者だったケリーは死んでしまうし、ウィリアムは仲を反対された勢いで別の女性と婚約しちまうし、挙句の果てにエマはウィリアムの婚約者の家から疎まれて、人さらい(!)にあってしまうなど、もう大変(;´д`)ノ 読んでいてもハラハラしっぱなしです。


    一方、外伝の方は「エマ」の登場人物たちが主人公となった短編・中編を集めたもので、こちらはほのぼの系のお話が中心です。
    以下、各巻でお気に入りのお話の感想など。

    ・8巻
    エマの主人だったケリーの新婚時代のお話「夢のクリスタル・パレス」は当時開催されていた万博の水晶宮(クリスタル・パレス)に行くために、お互いに内緒でお金を貯め合うお話です。なんだか「賢者のおくりもの」のようで微笑ましい(^^)。

    エマと同室だったドジっ娘メイド・ターシャが里帰りをする「家族と」は、イギリスの庶民の暮らしぶりや大家族の仲の良い様子が伝わってきます。読んでいて「秘密の花園」のディコン一家を思い出しました。


    ビームコミックス エマ 8巻(通常版)
    森 薫 エンターブレイン




    9巻
    エマの第2の勤め先だったメルダーズ家のメイドたちがお休みを利用して買い物にいく「ふたりでお買い物」。ウィンドウショッピングが始まった頃、いろいろな店にいって買い物する姿は現代の女性とおんなじですね。この頃のお店で買い物してみたくなります。

    エマ 9巻 (BEAM COMIX)
    エマ 9巻 (BEAM COMIX)
    posted with amazlet at 10.11.03
    森 薫 エンターブレイン



    ・10巻
    いよいよ大団円。エマとウィリアムの結婚式が執り行なわれる「新しい時代」。本編のラストから数年経っているようで、登場人物たちが少し成長しています。(4〜5年くらい?)森さんの描写力がすばらしいです。人物たちの数年後の描きわけがちゃんと表現されていて、実際に年を重ねた感じがします。


    エマ 10巻 (BEAM COMIX)
    エマ 10巻 (BEAM COMIX)
    posted with amazlet at 10.11.03
    森 薫 エンターブレイン


    エマ以前のメイド物語 「シャーリー」→
    「エマ ヴィクトリアンガイド」→

    ユーラシアの人々の暮らしと花嫁の活躍を描く「乙嫁語り」
    「乙嫁語り1」→
    「乙嫁語り2」→
    「乙嫁語り3」→
    「乙嫁語り4」→
    森薫さんがつくる「乙嫁語り」レシピ→
    「森薫拾遺集」→

    JUGEMテーマ:おすすめの漫画

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL