「路地裏ビルヂング」 三羽 省吾

2010.11.26 Friday

0
    路地裏にあるレトロなビル、そこで働く人々の、おかしくて切なくて、ちょっとほっこりする物語。「路地裏ビルヂング」。

    路地裏に建つ 「辻堂ビルヂング」は築数十年のレトロなビル。店賃が安いせいか種々雑多な業種がテナントを借りています。広告代理店や不動産会社、学習塾に無認可保育所、怪しげな健康食品販売会社、そして1階の飲食店は、おでん屋、カレー屋、居酒屋ところころと業種を変えるが、従業員はいつもカタコトの日本語を話すアジア系のお兄ちゃんと、いつも寝てばかりいるおじいさん。
    そして、屋上の樹木に水をやりにくる謎のお姉さん。

    各階の各会社の人物にスポットを当てた一話完結の短編なのだけと、各階の登場人物たちもどやどやと話に入ってきます。(特に健康食品会社の加藤)みなそれぞれに悩みや不安、不満を抱えていますが、それぞれに種類が違う。学習塾の先生は将来の展望が見えず、保育所のおばちゃんは仕事のやりがいと息子との同居どちらをとるかを、不動産会社のテレオペ社員は日常に退屈していて、広告代理店のデザイナーは営業の無茶ぶりに徹夜続き。

    一見、チャラ男の加藤だって、怪しげな会社に入ったばかりのころはいろいろと悩んでいたのです。(話が進むたびに吹っ切れてノルマをこなしているようですが)
    この店子たちは、格別仲がいいというわけではなく、目的があるときだけ一階の店で集まってうだうだと飲んで口ケンカをしたりする、普通のビルの店子にしては交流がある程度。
    けれど道路拡張によって「辻堂ビルヂング」は立退きが迫り、店子たちもバラバラになってしまいます。この物語の最後は、1階の飲食店で寝てばかりのコースケおじいさんから「辻堂ビルヂング」の歴史と、謎のお姉さんの正体が明かされます。想像の通りビルのオーナーさんだったのですが。
    それよりもコースケおじいさんと「辻堂ビルヂング」、その前に方向していたお店、その場所への思いが切なかったなあ。奉公にあがったとき主人「いつまでもいていい」と言われた言葉をずっと支えにしてきたんですね。

    「辻堂」の「辻」は道が交差し、人が集まり、また去ってってゆく場所。
    そんな場所に集まった人々の物語。
    ものすごい展開があるわけではないし、物語に派手さはないですが、ほっこり楽しめるおはなしです。


    路地裏ビルヂング
    路地裏ビルヂング
    posted with amazlet at 10.11.24
    三羽 省吾
    文藝春秋
    売り上げランキング: 130052



    JUGEMテーマ:読書の楽しみ


    JUGEMテーマ:本の紹介


    コメント
    こんばんは。

    健康食品会社の加藤、仕事続くのかな?って思ったのですが、いつの間にか後輩を引き連れていましたね。

    1階のお店の変化が楽しかったです。
    • by なな
    • 2010/11/28 7:11 PM
    ななさんへ
    なんだか探したら街のどこかにありそうなビルでしたね。お店がよく変わるのもありそうだし。(^^)そんなに仲よくないけれど、みんなの時間少しずつ共有するあのビルは特別な場所なのかもしれません。
    • by 日月
    • 2010/11/29 12:01 AM
    こんにちは。時折と申します。
    これ、読んだばかりで、大変面白かったものですから、お昼休みに他の方々の感想を遊泳しておりました。
    「辻」おっしゃるとおりですね。人の交差点としてのビルヂング。むむむ。
    • by 時折
    • 2012/02/21 12:51 PM
    時折さんへ
    ブログは時々拝見させていただいています(^^)
    「おばあさんの魂」は時折さんのブログで知り、読んでみました。
    いい本をご紹介いただいてありがとうございます。

    私は、こうした古いビルヂングと言われる建物も好きですし、店子たちがちょっとずつ関わっていく様子も面白かったです。
    そんなにガッツリ関わるわけではないけれど、ちょっとした交流が「辻」のビルにはふさわしいのかもしれませんね。
    • by 日月
    • 2012/02/21 10:02 PM
    コメントする
    トラックバック
    JUGEMテーマ:読書 毎日すれ違うけど名前も知らないふしぎな距離感。同じおんぼろビルで働く人々のそんな関係から生まれる、日常のドラマを描く6篇の雑居小説。 各章の主人公はなんとなく、惰性でその場所にいるんですけど、ちょっとした事がきっかけでちょっと前
    • ナナメモ
    • 2010/11/28 7:10 PM
    バカ売れ中のスチームモップに続いて最新版も登場!どこにでも使えるハイブリッドスチームモップも大ヒット♪大掃除も安心です。
    • スチームモップ
    • 2010/11/30 4:02 PM
    路地裏ビルヂング三羽 省吾文藝春秋 今回は、三羽省吾『路地裏ビルヂング』を紹介します。辻堂ビルヂングでのフロアの人一人が主人公になる6篇の連作短編集ですね。仕事についてみんなそれなりにがんばっているんだよねということがわかる小説でした。 道祖神:5F健康
    • itchy1976の日記
    • 2011/06/22 12:13 AM
    路地裏ビルヂング著者:三羽 省吾販売元:文藝春秋(2010-07)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 路地裏ビルヂングという名の人生。 内容(「BOOK」データベースより) 毎日すれ違うけど名 ...
    • 時折書房
    • 2012/02/21 7:13 PM
    この記事のトラックバックURL