ときに「縁」は「血縁」にまさる『四十九日のレシピ』 伊吹 有喜

2010.12.19 Sunday

0
    掃除された部屋に入るきれいな空気と光。そんな読後感の「四十九日のレシピ」。

    『四十九日のレシピ』あらすじ


    継母の乙美さんが亡くなり、生きる気力を無くした父・良平と、夫を奪われてしまった娘・百合子。そんな時、家に現れたのは今では珍しいガングロメイクの女の子・イモだった。

    イモは乙美さんが教えていた絵手紙教室の生徒で、自分の四十九日の大宴会と、それまでの作業を依頼されてきたのだという。

    ([い]4-2)四十九日のレシピ (ポプラ文庫)

    中古価格
    ¥1から
    (2018/6/2 17:39時点)




    はたして「縁」は「血縁」に劣るのでしょうか?


    物語の登場人物たちは「血の通った家族」に重きを置きすぎて、百合子さんは「子供さえできればすべてうまくいく」と思い不妊治療を優先させて、夫と気持ちがすれちがい、百合子さんの夫を略奪した亜由美は、自分の欲望のためなら子供を犠牲にするのも厭わない。

    たとえ家族でも気持ちが合わないこともあるし、他人の方が気持ちをわかることだってある。子供を持つことは最上の幸せだけれど、でも幸せのかたちはひとつじゃない

    家族を愛し、他人を受け入れ幸せに生きる。そんな簡単だけども、難しいことを乙美さんのレシピが教えてくれるような気がします。

    死んだ後もこんなふうに思ってもらえるってものすごく幸せだろうし、そんな死後を手に入れるには、やらなければならないことがたくさんあるな、と感じました。少しでも乙美さんに近づけるよう、日々の生活を生きていこうと思います。

    「四十九日レシピ」が来年NHKでドラマ化されました
    [ドラマ]四十九日のレシピ

    四十九日のレシピのレシピ (一般書)

    新品価格
    ¥1,296から
    (2018/6/2 17:33時点)




    その後、映画化もされました。人々に愛される物語なんですね。普遍的で平凡かもしれないけれど、あたたかいから。

    四十九日のレシピ [DVD]

    中古価格
    ¥1,450から
    (2018/6/2 17:40時点)




    伊吹有喜作品 感想


    『彼方の友へ』
    『今はちょっと、ついてないだけ』
    『BAR追分』
    BAR追分シリーズ2『オムライス日和』
    BAR追分シリーズ3『情熱のナポリタン』
    『ミッドナイト・バス』
    『なでし子物語』
    『風待ちのひと』

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    JUGEMテーマ:オススメの本
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    四十九日のレシピクチコミを見る オススメ! 熱田家の母・乙美が亡くなった。 気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。 乙美の教え子 ...
    • 苗坊の徒然日記
    • 2010/12/20 12:46 AM
    伊吹有喜「四十九日のレシピ」を読みました。 乙美が71歳で亡くなり、残された夫は、気力を失っていました。前妻の娘である百合子は、夫と離婚寸前。 そこに、乙美の教え子だったという、金髪で真っ黒に...
    • 心に残る本
    • 2010/12/20 8:00 PM
    二週間前に七十一歳で亡くなった妻そして母。 遺された夫は・・・娘は。 伊吹有喜著『四十九日のレシピ』
    • 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常
    • 2010/12/24 9:19 PM
    JUGEMテーマ:読書 母・乙美が、ある「レシピ」を残して亡くなった。それは、離れてしまった家族を再び呼び集め、奇跡のような時間をもたらす処方箋。 「風待ちの人」がいいなぁって思ってた伊吹さん。新刊が出た事に気がついてからずいぶん長いこと待ちました。
    • ナナメモ
    • 2011/02/01 10:35 PM
    著者:伊吹 有喜 出版:ポプラ社 感想: 伊吹有喜さんの『四十九日のレシピ』。 49日なんて中途半端で不思議なタイトルだなと思って読み始めたのですが(笑) タイトルは49日ではな ...
    • どくしょ。るーむ。
    • 2011/08/27 8:51 PM
    この記事のトラックバックURL