[DVD] 福澤一座 第2回公演 with CARAMELBOX Dr.TV 汐留テレビ緊急救命室

2010.12.15 Wednesday

0
    お友達から貸してもらったお芝居のDVD「Dr.TV 汐留テレビ緊急救命室」。
    アナウンサーの福澤朗さんがアナウンサーの方々とご自身の劇団「福澤一座」を起ち上げての公演。そこに演劇集団キャラメルボックスが加わり、テンポのよいエンターテイメントに仕上がっています。

    面白かった!( ̄▽ ̄)
    そしてよくもまあ自分たちの仕事場であるテレビ局をここまで風刺のきいたパロディにできたものだと関心。一歩間違えばテレビ批判ですもん(^^;)
    テーマは「テレビと言葉」かな。テレビが伝える言葉の限界と危険性がコメディの中にちりばめられています。福澤さんが「汐留テレビ」という架空のテレビ局内のお医者さん(なぜかちょっとオネエ風味)で、そこへ取材に来た親子やテレビ局内で様々な悩みを抱える人々が訪れます。

    バッシングされたアナウンサーは生放送で無理やり帳尻をあわせる言葉に空虚さを感じ、言葉が出なくなってしまい、視聴率に追われるディレクターは悪夢にうなされ、現実では自分の息子の言語障害に目を背けてしまう。正義漢から番組の進行を変え、職を干されたタイムキーパーは、過去のトラウマから操作ボタンが押せなくなってしまう。

    福澤さんは劇中、「テレビは不特定多数にむけてしゃべるもの。特定の人に向けて話さない言葉は受け手を失い、ただよっていく。」と。それはまるで言葉の墓場のようで、やがてゴーストと化した言葉は人をまきこんでゆきます…

    今までアナウンサーが朗読劇や本業以外で活躍するのに偏見があったのですが、アナウンサーのみなさん、本当にびっくりするほど演技がうまい。そしてさすがに声がよくて、観終わったあとではアナウンサーの副業と思っていたことを深く反省。



    JUGEMテーマ:演劇・舞台
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    恋スキャFX 実際購入 レビュー 評価 暴露しています 見ないと損!!  情報 暴露屋 口コミ レビュー
    • 恋スキャFX 情報 暴露屋 口コミ レビュー
    • 2011/01/10 5:58 AM
    この記事のトラックバックURL