「病床六尺 (まんがで読破)」 正岡 子規

2010.12.21 Tuesday

0
    NHKドラマ「坂の上の雲」で正岡子規の壮絶な闘病生活を観てから、子規の書いたものをよみたくなりましたが。しかし、昔の文学にはまだ少々抵抗もあるので、まずは漫画から入ろうと思います。

    病床六尺 (まんがで読破)」 は「病牀六尺」を元にした漫画です。
    子規が病床で俳句を詠み後進の指導を続け、絵を描き、痛みにのたうちまわる様子が描かれていますが、悲惨なだけではなく、どこかユーモアにあふれた描写もあります。

    お金が無いので専門の看病人を雇えない。母と妹の看護はなっとらん。
    掃除より看護を優先させるべきだろう。などなど、文句が多い(^^;)
    坂の上の雲」でも触れられていた子規の女子教育論についても書かれていました。
    こんな理由だったんですね。
    高浜虚子や碧梧桐も毎日来れるわけではないでしょうから、当然話相手は母や妹しかいない。
    しかし、彼女たちはひらがなしか読めない。男子と対等な話し相手となるためにも、女子の教育は必要だ、と。子規の死後、その意志を受け継ぐように妹律さんは女学校に入ります。

    今から考えれば男尊女卑ですが、それでもこの時代に女子教育を訴えていたのですね。

    それにしても、病床で苦しんでいる子規が「手紙がほしい」といっているのに、外国でのストレスとプレッシャーに悪戦苦闘していた友人・夏目漱石はそれどこじゃないと返事を書けなかったんですねぇ。かわいそうに…。・゚・(*ノД`*)・゚・。手紙くらい書いてやれよ、漱石!と札にもなった文学者にツッコミをいれたくなりました。



    病床六尺 (まんがで読破)
    正岡 子規
    イーストプレス
    売り上げランキング: 35756


    病牀六尺 (岩波文庫)
    病牀六尺 (岩波文庫)
    posted with amazlet at 10.12.20
    正岡 子規
    岩波書店
    売り上げランキング: 8907
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL