「殿様の通信簿」 磯田 道史

2010.12.28 Tuesday

0
    武士の家計簿」からすっかり磯田先生のファンになり、現在先生の著作を漁っているとろです。
    今回読んだのは「殿様の通信簿」。面白いタイトルですが、元ネタは実際に江戸時代に書かれた殿様の行状を記した古文書で、なんと隠密(!)が調査した極秘資料なのだそうです。

    殿様の通信簿」には殿様の性格や、その行状、領地の内情まで詳しく書かれています。なんてったって隠密がしらべたのですから、その信ぴょう性は高いといえるでしょう。
    我々のよく知る水戸黄門や忠臣蔵の浅野内匠頭や大石内蔵助が本当はどんな人物だったのかというと…

    水戸黄門(光圀)


    「女色に溺れて悪所通い」 うーん、黄門様のイメージ違いますね(^^;)。
    ただ、磯田先生の解説によると、当時の殿様はほとんど外出の自由がなかったため、文化人や芸能者(能役者)などと知的な会話を楽しむにも格式張った手続きで屋敷に呼びつけないといけない。
    だから、遊郭などをサロン替わりにしていた一面もあったのだとか。
    黄門様は学者以上の博識だったそうですが、通信簿には「学者を知識でやりこめるのはよくない」と書かれてしまいました。

    浅野内匠頭と大石内蔵助


    浅野内匠頭というと忠臣蔵では、生真面目な美青年が演じてきましたが、「殿様の通信簿」によると、結構なバカ殿らしいです。(^^;)頭はいいけれど極度の女好きが高じて政務をとらず、もっぱら家老たちに任せていたのだとか。だから大石内蔵助は赤穂時代からの指導力でもって討ち入りを果たしたと。

    また、刃傷沙汰や討ち入りの背景についても解説されています。赤穂は戦国時代の名残を残す藩で、そのプライドが高く、だから吉良をちょっと下に見ていたとか、また、内匠頭が辞世の句で「名残りを…」と詠んじゃったので、君主が絶対である当時の家臣たちは、その「名残り」をなんとかしなくちゃいけなくて討ち入りせざるを得なかった…とか、「忠臣蔵」という歴史的事件は様々な要因が重なって初めて起こったことなのですねえ。

    武士の家計簿」でも書かれた、「先祖の功績によって武士の階級や役割が決まる」といった武士の構造についても触れられています。先祖が頑張りすぎちゃって危険な場所に生かされると貧乏くじを引いた家はずっとそのまま、損な役目を期待されておおせつかっちゃうのだとか。

    磯田先生の著作
    「歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)」→
    「武士の家計簿」―「加賀藩御算用者」の幕末維新』→
    「江戸の忘備録」→
    「日本人の叡智」→


    殿様の通信簿 (新潮文庫)
    磯田 道史
    新潮社
    売り上げランキング: 16447


    武士の家計簿 ―「加賀藩御算用者」の幕末維新 (新潮新書)
    磯田 道史
    新潮社
    売り上げランキング: 79

    JUGEMテーマ:歴史


    磯田道史先生著作
    「歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)」→
    「江戸の備忘録」→
    「武士の家計簿」―「加賀藩御算用者」の幕末維新』→
    「日本人の叡智」→
    「無私の日本人」→
    JUGEMテーマ:オススメの本


    コメント
    日月さん、こんばんは。というよりも、「あけましておめでとうございます」ですね。今年も、よろしくお願いいたします。先日は、私のブログへのコメント、有難うございました♪

    私は、普段、あまりテレビは見ないのですが…磯田先生ご出演の「爆問学問」は、しっかりチェックしました。そう、日月さんと同様に、「史料がないからと言って研究しないのは歴史家の敗北」という言葉に、「きゃ〜! カッコイイ〜」と身悶えしてました。

     その文章から、優しく、温かく、愛すべきオタッキーなお人柄と想像しておりましたが、テレビの中の磯田先生は、まさにその通りのお方でしたね。
     
     そういえば、10月か11月ぐらいに読売新聞に磯田先生のエッセイが掲載されていて、その文章もとってもステキでしたよ。

     というわけで、勝手ファンクラブ、今年もひそかに活動を続けたいと思っています。

     それでは、また。  おりおん。

    おりおんさん
    明けましておめでとうございます(^^)
    磯田先生は以前徹子の部屋にもご出演されたことがあるのですが、奥様との結婚を会って3分(3秒だったかな?)で決めたことを徹子さんに突っ込まれて焦ってらっしゃいました。これからも磯田先生から目が離せません。そして忍者の本はいつ出るのでしょうか…
    • by 日月
    • 2011/01/03 12:35 AM
    日月さん

     こんにちは〜。お元気でいらっしゃいますか。磯田先生ファンクラブの連絡網(?)です。

     今日(1月26日)の読売新聞19ページに磯田道史先生のエッセイが掲載されています。かなりどうでもいいことを「熱く」語っていらっしゃっていて笑えます。

     私は職場の新聞でたまたま見つけたのですが… 読売新聞、お手元にありますか? PDFファイルでお送りすることもできます。必要がありましたら、私のメルアドをお知らせ致しますので、リクエストしてください。

     それでは、また。 
    • by おりおん。
    • 2011/01/26 1:27 PM
    おりおんさんへ
    連絡ありがとうございます。(^^)
    新聞は取っていないので図書館で調べてみます。もし見つからなかったらご連絡させてください。
    今は「江戸の忘備録」を読んでいます。こちらはたくさんの人物や事象を綴ってあり、なかなかおもしろいです。
    • by 日月
    • 2011/01/26 11:51 PM
    日月さん 

     こんにちは! そうですね、図書館にいけば全紙揃っていますもんね。 私は、どうも私の行動範囲に図書館がないため(駅に向かうのとは反対方向にあるので…)、思い至りませんでした。

     私も遠からず「江戸の備忘録」トライしたいと思います。

     それでは、また。
    • by おりおん。
    • 2011/01/27 1:44 PM
    おりおんさん、ありがとうございました。(*´∀`)ノ
    無事図書館で磯田先生のコラム発見しました。新幹線より在来線の方がゆっくりと関ヶ原気分を楽しめそうな気もするのですが…(^^;)でもこういう感覚、大好きです。ますます磯田先生ファンになりました。
    • by 日月
    • 2011/01/27 6:05 PM
    コメントする
    トラックバック
    「殿様の通信簿」 磯田道史著 新潮文庫 2010/11/23読了  間もなく映画が公開される「武士の家計簿」の原作者・磯田道史先生の歴史エッセイの第二弾(多分…)。 とにかく、面白いっ! 勝手に、磯田道史先生ファン...
    • おりおん日記
    • 2011/01/04 10:27 AM
    この記事のトラックバックURL