2011.01.20 Thursday

「木暮荘物語」 三浦 しをん

木暮荘物語」は東京の住宅地にある古い木造アパート、木暮荘に住む人々の物語。と、こうやって書くと、ハートフルでほっこりとした人情物っぽく思われますが、中身はまったく違います。
三浦しをんさんの作品はタイトルのイメージと中身がまったく違っていてよく騙されます

でもそういった作品ほど面白いんです。「こうきたか!」って感じで。どこにでもいるフツーの人々の、誰にも言えないフツーじゃない「裏側」。一歩間違うとドロドロになりそうな題材を、さらりとした筆致で描いていて、傍から見るとしょーもない性の悩みを抱く人々が、なんだかあきれつつも愛おしく思えてしまいます。

シンプリーヘブン


花屋に勤める繭が恋人・晃生と過ごしているところへ、三年前にいなくなった元カレ、並木がやってきた。ずうずうしくも家に上がり込む並木と繭、そして晃生。3人の奇妙な共同生活がはじまった。

最初はずうずうしい並木に腹が立ちましたが、3人ともが微妙な関係ながら相手を思っている感じがいい。この話だけはちょっと純愛風です。

心身


木暮荘の大家、木暮は死期の迫った親友の一言に刺激され「人生の最期に○○○○(スパムコメントがくるので自主規制)がしたい」と切実な思いにかられ、出張マッサージのサービスを呼ぶものの、そこへ妻がやってきて…老いらくの恋ならぬ性愛。情け無いような、切ないような。

柱の実り


トリマーの美禰は、毎朝駅のホームの木の柱を触るのが日課だったが、ある日、柱に水色のきのこ状のモノが生えてきて○○(また自主規制…)のかたちになるのに驚くが、もうひとり、そのモノに気づいたヤクザ・前田と出会う。

飼い犬のトリミングを通じて仲良くなるふたりだったが、あのモノは本当は美禰と前田にしか見えないのではないか、と思い始める。美禰とヤクザの前田の共通点、それは…

黒い飲み物


不倫もの。「シンプリーへブン」にでてきた繭の雇い主のフラワーショップ店主の佐伯と、喫茶店を営む夫。子どもはいないが夫婦仲も店もそこそこ順調。しかしある日、夫が入れるコーヒーが泥の味に変わる。そして夫が夜中家を抜け出すのに気づいた佐伯は、繭に協力を仰ぎ、夫の尾行を開始する…

昔は燃えるような情熱を持ってお互いに接していたが、そんな嵐も過ぎ、ゆるやかに老いに向かう四十を半ばの女の嫉妬やあせり。

ちょっと内容はドロドロですが、文章がやわらかいので痛い感じではありません。むしろ残るのは悲哀と情け無さ。でもなんだか共感するところも。


乱歩の「屋根裏の散歩者」を彷彿とさせるような、でもこちらはおかしな話。
木暮荘に住む神崎は神経質で音に敏感。他の住人へのストレスから、空き室に忍びこみ、下の部屋の女子大生の生活をのぞくようになる。最初はストレス解消や性的な目的だったが、徐々に女子大生への親しみが湧いてくるように…

ピース


その「穴」から覗かれていた女子大生・光子の話。実は神崎ののぞきには気づいていたが刺激になると放っておいた。今は「時々は覗いていいよ。」と公認したため、屋根板の上と下で奇妙な日常会話がかわされている。そんなある日、光子は友人から生まれたばかりの赤ん坊を預かることになる。でも、光子にはあるヒミツがあって…。

覗きを続ける神崎と、なんだかんだで信頼関係を築いていて、悲しむ光子を神崎が屋根裏からなぐさめるのが、いい。でも、それなら部屋行けよ!と突っ込んでみたくもなるんですが…


嘘の味


繭の元カレ、並木は実は繭の元を去った後も繭の働く花屋の近くで彼女を見守って(ストーキング?)していた。そんな時、花屋の常連客であるニジコと出会い、奇妙な共同生活を送ることに。

ニジコには、嘘を付いた人、浮気をした人の料理を食べると、砂や泥の味を感じる特技があり、そのため、一切外食はしない。裕福だが修行僧のようなニジコさんとの生活で並木は少しずつ繭のことを吹っ切っていき、ニジコに思いを寄せ始めるけれど…。

ふたりが食事をする場面が好きです。いつか並木の思いがニジコさんに届いて、孤独で静かな生活に変化が起きればと、願ってしまいます。並木の方も少しは大人になったようですし。(^^)

木暮荘物語
木暮荘物語
posted with amazlet at 11.01.17
三浦しをん
祥伝社
売り上げランキング: 3428


「月魚」→
「舟を編む」→
「風が強く吹いている」→
「きみはポラリス」→
「星間商事株式会社社史編纂室」→
「神去なあなあ日常」→
「まほろ駅前番外地」→
「まほろ駅前多田便利軒」→
「三四郎はそれから門を出た」→


JUGEMテーマ:気になる書籍

JUGEMテーマ:小説全般

JUGEMテーマ:恋愛小説

レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment
こんにちは。
私も同じ事を思いました。
タイトルで想像する内容と違いすぎるんですよね^^;まあ、それが良いところでもあるのですが。
話は面白かったです。
出てくる人たちはみんな個性的でしたけど良い人達でしたし。
最後が並木の話だったのも良かったのかなと思いました。
  • 苗坊
  • 2011/01/20 11:54
苗坊さんへ
しをんさんの作品はいつもタイトルとのギャップ(いい意味で)に驚かされますね。結構なドロドロ話なのに、後味は悪くくなくて面白いのがすごい(^^)

並木も最初はただの無神経男かと思っていましたが、最後はちょっと成長の兆しが見えてよかった。
  • 日月
  • 2011/01/21 01:44





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946182
木暮荘物語著者:三浦しをん祥伝社(2010-10-29)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年、安普請極まりない全六室のぼろアパート・木暮荘。 ...
  • 苗坊の徒然日記
  • 2011/01/20 11:52 AM
JUGEMテーマ:読書 小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年。空き室あります!安譜請ですが、人肌のぬくもりと、心地よいつながりがあるアパートです。うまい、深い、面白い。三拍子揃った会心作。 ずいぶんと平凡なタイトルだなって思ったけど、しをんさ
  • ナナメモ
  • 2011/01/21 8:28 PM
三浦しをんの「木暮荘物語」を読みました。 おんぼろのアパート木暮荘の住人たちとその周辺の人々を描いた連作短編です。 隣の物音が筒抜けだったりするぼろアパートに起きる日常の出来事。 他の人々には...
  • 心に残る本
  • 2011/07/12 9:53 PM
小暮荘物語/三浦しをん(祥伝社) 築何十年のとあるアパート「小暮荘」。ここに住む70歳過ぎた老人の大家とそこに住む住人たちと彼らに拘わる男女の物語。この小暮荘は2階建てで6部屋からなり、住人は4人。不思議な三角関係の中心になる花屋の店員繭。70歳
  • 京の昼寝〜♪
  • 2011/12/16 12:08 PM
★★★☆☆ 小暮荘に住む人や関係者によるムフフ(//∇//) なあれこれ シンプリーヘブン・心身・柱の実り・黒い飲み物・穴・ピース・嘘の味 登場人物は、繭(花屋さんにお勤め)・小暮(お爺さん大家さん)・神崎(税理士の勉強中)・光子(女子大生)ここまでがぼろい
  • クラムボンの蹄
  • 2012/07/15 10:41 PM

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

オススメ

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Selected Entry

Comment

  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa
  • [映画]箱入り息子の恋
    苗坊
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    日月
  • BAR追分シリーズ『オムライス日和』 伊吹有喜
    Fe
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    日月
  • [ハッカ油活用法]綿棒より簡単!ベビーパウダー+ハッカ油スプレー
    牛くんの母
  • 活版印刷がつなぐ物語『活版印刷三日月堂 海からの手紙 』
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM