「かもめ食堂」、「めがね」のおいしい料理が本になりました。「飯島風」

2011.01.28 Friday

0
    私自身は料理が下手だけれど、料理の本を見るのは大好きです。
    それと、おいしそうな食事が出てくる映画も。
    かもめ食堂」「めがね」「プール」「マザーウォーター」、どれも見るとほっこりと癒される優しい映画たち。そして、これらの映画にはいつも、フードスタイリスト飯島奈美さんのおいしそうな料理があります。そんなおいしそうな料理を観るのも、映画の楽しみの一つとなっています。

    飯島風
    飯島風
    posted with amazlet at 11.01.20
    飯島 奈美
    マガジンハウス
    売り上げランキング: 4006


    飯島風」には飯島さんが手がけた名作「かもめ食堂」のおにぎりやシナモンロール、「めがね」のハマダのちらしずし、おいしい朝食、「プール」の揚げバナナ、「マザーウォーター」のビフカツサンド(パスコのCMで小林聡美さんがつくっていたやつ)など、映画を彩ったおいしい料理の数々が再現されています。読みながら映画のワンシーンを思い出したり、実際に作ってみることもできます。

    また、飯島さんの食にまつわるエッセイがすてきで!
    分け前をもらうためお母さんがたつ台所に入り浸っている間にどんどん料理が好きになったこと。
    料理の合間にお母さんが食べさせてくれた酢豚の途中の豚肉の唐揚げなど食卓に並ばない料理。
    飯島さんの「記憶に残る味」は読んでいてどこか懐かしく、そしてものすごくおいしそう。
    食べるのが好きで料理が好きなのだということが、文章を通して伝わってくる。

    この間読んだ楊逸さんの「おいしい中国」もそうだけれど、食べることが大好きな人の書く料理の本は、読んでいると、なんだかこちらもその料理を食べたような満足感でいっぱいになります。

    読んだあと、なんだか「ごちそうさまでした。」と言いたくなる本。

    飯島さんの映画料理本。どれも美味しそうです。
    ごはんにしよう。―映画「南極料理人」のレシピ→
    「シネマ食堂」→


    シネマ食堂
    シネマ食堂
    posted with amazlet at 11.01.26
    飯島奈美
    朝日新聞出版
    売り上げランキング: 1412



    ごはんにしよう。―映画「南極料理人」のレシピ
    飯島 奈美 榑谷 孝子
    文化出版局
    売り上げランキング: 14123


    JUGEMテーマ:映画


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL