[ドラマ] 四十九日のレシピ 第一回

2011.02.15 Tuesday

0

    四十九日のレシピ」がNHKでドラマ化されました。
    原作は、大切な人が亡くなったとき、困難に出会ったときに、人がどうやって再生していくのかを
    なにげない日常生活を通して教えてくれる、心にしみる小説です。

    内容をざっくり説明すると、
    義母の乙美が亡くなって生きる気力を無くした父と、不妊治療の末に夫の浮気相手に子供ができて家を追い出されるかたちで実家に戻った百合子の前に、亡き母 がボランティアで絵手紙を教えていた生徒、井本(イモ)が現れ、四十九日の大宴会の準備と家の片付けを生前の乙美に頼まれていたと言われる。イモに戸惑い、追いだそうとするものの、次第にうちとけてゆく2人。四十九日の大宴会を開くことを決意します。

    今のところ原作に忠実です。伊東四朗さんがいい味をだしています。
    和久井映見さんの百合子はもうちょっと強くて、イモはさすがにガングロではありません。
    口やかましい叔母さんに新派の重鎮、水谷八重子の配役はすごい(^^;)
    子供を武器に男を手に入れる亜由美には野波麻帆さん。好きな女優さんですが、今回は汚れ役です。でも演技がうまいのできっと嫌な女を演じてくれるでしょう。

    映像でみると百合子の切なさがより伝わってきます。
    少子化だから、こども子どもを産んだ人が一番えらいって風潮だけど、百合子のように産みたくても産めない人もいるし、こういうことで百合子が責められたり、夫の浮気相手に「子供産んだ方がえらいのよ!」と追い出されるのも間違っていると思うのですが。

    百合子の切ない心情を聞いたイモが乙美が使っていたタオルを渡して「ごはんを食べよう」っていうシーンがいいな。イモはほんと、やさしい子だ。(^^)

    原作でも出てきた、亡くなった義母・乙美さんの絵手紙が再現されています。
    これは映像化の醍醐味ですね。可愛らしいやさしいイラストでいい感じです(^^)

    原作 「四十九日のレシピ」→
    ドラマ 四十九日のレシピ 第二回→
    ドラマ 四十九日のレシピ 第三回→


    四十九日のレシピ
    四十九日のレシピ
    posted with amazlet at 11.02.15
    伊吹有喜
    ポプラ社
    売り上げランキング: 715


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
    コメント
    コメントする
    トラックバック
     「迷ったら川に行くといいよ。答えが見つかるから」オッカ やっぱり、見つかった。 何か、泣かされちまったわ・・(ノω・、) HPはこちら。レシピも見ることができるよう・・  母 ...
    • トリ猫家族
    • 2011/02/22 1:41 PM
    この記事のトラックバックURL