[ドラマ] 四十九日のレシピ 第三回

2011.03.02 Wednesday

0
     四十九日のレシピ 第三回。
    亡き母・乙美の願いだった「四十九日の大宴会」に飾る年表をつくるため、嫁ぎ先に送られた絵手紙を取りに戻る百合子。傷心の百合子を一人で行かせるのは危なっかしいのでイモが同伴。しかし夫・裕之とゆっくり話すヒマもなく、モンスター妊婦亜由美登場。
    「奥さんと別れないと子供と一緒に死んでやる!」を切り札に、どんどん周りを追い詰めていきます。
    観ててつらかったな。

    そして、みんな自分勝手。亜由美も裕之も百合子でさえも。
    亜由美は男のためなら上の子を追い出したり、結婚するために邪魔になるから他へ預けると、子どもの前で平気で言ってのける。そんな亜由美を拒みきれない裕之。そして子どもができないのを言い訳に弱者側に回ろうとする百合子。

    そんな中、イモだけが一番の被害者である子どもの目線をもっています。
    彼女もまた亜由美の子供のように家族に恵まれなかったんですね。心配している良平パパに連絡しなかった百合子に「百合っちは贅沢だよ」と諭します。一番つらいのはこんな騒動に巻き込まれた子供なのにね。

    不倫をした裕之も亜由美ももちろん悪いけれど、不妊治療がすべてと考えて裕之のことを観ていなかったことに百合子は気づきます。
    乙美かあさんの絵手紙には良平父さんのことばかり。乙美さんは身近な大切な人につねに気持ちを向けていた人でした。

    大切な人は失ってから初めて気づく。
    たった5文字「ありがとう」が言えずに…

    イモとハルミは原作では良平パパと百合子を助ける、ちょっと人間離れした、不思議な存在として書かれていますが、彼らにもつらい過去がありました。イモは亜由美の子供のように母親から追い出され、ハルミは日本でお金を稼げないため故郷へ帰れない。良平パパと百合子だけが助けられるんじゃなくて、イモもハルミも彼らに助けられていたんですね。

    原作にはなかったこのエピソード、イモとハルミに血が通った感じがして好きです。

    原作 「四十九日のレシピ」→
    ドラマ 四十九日のレシピ 第一回→
    ドラマ 四十九日のレシピ 第二回→


    四十九日のレシピ
    四十九日のレシピ
    posted with amazlet at 11.02.27
    伊吹有喜
    ポプラ社
    売り上げランキング: 553


    JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL