ITパスポート試験、ちょっとした裏ワザ集

2011.04.23 Saturday

0
    不況の時期、資格の一つや二つや三つや四つは持っておいたほうが安心というもの。
    私も過去に初級シスアド(現・ITパスポート)をとったのですが、その時に感じたことや失敗談、必勝法などを少しお伝えしようかとおもいます。

    ただし、100%使える保証はありません。ちょっと役に立つかくらいの知識です。なんせ、古い試験(初級シスアド)で合格したもので、通用しないところもあるかもしれません。

    ITパスポート試験の勉強法


    1.まずは参考書を読んで、どんな知識が必要なのかを確認



    平成30年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室 (情報処理技術者試験)

    中古価格
    ¥1,499から
    (2018/10/2 20:20時点)





    2.過去問を何度も何度も何度もといて、出題パターンをつかむ。


    ※ITパスポートは新しい試験なのであまり過去問はでていませんが、初級シスアドでは過去5年間くらいの過去問を何度も何度もやりました。そうすると時には1〜2問くらいまったく同じ内容の問題が出たりします。

    ※ただし、IT関連の問題はどんどん情報が新しくなりますので、計算問題以外は最新の参考書や関連サイトなどで情報を集めたほうがいいかも。

    ITパスポート試験 対策テキスト&過去問題集 平成30-31年度版 (よくわかるマスター)

    中古価格
    ¥2,112から
    (2018/10/2 20:18時点)




    3.答え合わせをして、自分の弱い箇所を確認。弱い箇所を集中的に覚えたり、問題を何度も解く


    参考書の知識だけではどうしても問題形式に慣れないので、ある程度の知識をつめたら、後は過去問を繰り返しといて、間違った部分は参考書でもう一度確認します。これの繰り返しです。

    2進数について


    これが一番苦労しました。いまでもよくわかってません(^^;)これは過去問があまり通用しないので…
    とりあえず、10進数から2進数への変換は指を折って声にだしながら覚えるといいそうです。
    (イチ→1、ニ→10、サン→11…)

    なるほどわかった コンピューターとプログラミング
    ロージー・ディキンズ ひさかたチャイルド (2017-02-22)売り上げランキング: 44,286


    自分にあった講座を探す


    私は当時仕事が忙しく、資格取得の学校に通う余裕がありませんでしたが、その後、職業訓練校で改めてITパスポート講座を受けたとき、「こんなにわかりやすいんだ!」と驚きました。今では通信講座などもあるので、これを受けていればもう少し早く合格してたかも…と後悔することも。






    試験会場で気をつけること


    努力はした、あとは試験を受けるだけ!と思いきや、試験を受ける前にちょっとした落とし穴も。メンタルを削られると試験にも悪影響を及ぼすので対策をしておくと安心です。

    1.寒さ対策


    初級シスアドのときは試験会場に専門学校や大学の教室が使われました。
    たぶん、ITパスポートでも変わらないんじゃないかと思います。そしてたいてい教室は寒いし、講義室の椅子は固く、ずっと座り続けているだけでお尻が痛くなり、試験に集中できないことも。

    そんな時、携帯用のクッションを持参すると便利です。

    山善 キャンパーズコレクション どこでもマルチクッション ネイビー DMC-33

    新品価格
    ¥257から
    (2018/10/2 20:24時点)




    また、試験会場によっては駅からえらく離れていることもあるので、歩ける靴がいいと思います。あと時間に余裕をもつこと。

    2.糖分をとる


    2時間以上集中し、頭を働かせなければならないため、とにかく疲れます。特に午後は計算問題のため、常に頭をフル回転させなくてはいけません。そんなときは、脳の栄養分・糖をとることをおすすめします。
    わたしは薬局で売っているブドウ糖を持参して休憩時間に舐めていました。

    ぶどう糖 ボトル入 135g

    新品価格
    ¥410から
    (2018/10/2 20:26時点)




    3.きっと受かる!と言い聞かせる


    もはや精神論ですが…友達や仲間と受けるなら休憩時間におしゃべりもできますが、たった一人で試験を受けるときはあせってペースを崩してしまうことも。周りがみんなできそうにみえるんですよ。(特に理系の学生)

    ただ、試験を途中で棄権したり、最初から来ない人もいる。学校でむりやり受けさせられる人と、「絶対受かる!」と思う人とは勉強量も意気込みも違います。

    そしてなにより「この教室の半分は受かる、自分はその中にはいっている(ITパスポート合格率は50%)」と思うこと。先程の棄権者を含めたら結構確率的にはもっと高くなるかもしれません。

    だからあせらずに、面倒な問題は後回しにしてでも確実に点をとっていきましょう。(^^)
    以上、あまり役に立ちそうもない情報でしたが、これから試験を受けられる方、がんばってくださいね。

    私は独学で勉強し、3回受けてようやく受かりました。諦めないことが肝心です。

    JUGEMテーマ:IT資格について
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL