2011.03.21 Monday

「孤独な夜のココア」 田辺 聖子

田辺聖子さんの恋愛短編「孤独な夜のココア」を読みました。
やさしくて甘く、ほろ苦いココアのような恋愛集。
女の機微が繊細にやわらかく描かれていて、約30年の作品なのに内容がちっとも古く感じない。

綿矢りささんも解説で触れられていますが、「孤独な夜のココア」の女性たちは、男性たちを包み込むやさしさをもっています。

いつも小さなことでも怒っていた女性が、夫の不倫を聞かされたとき、怒るることができなかった。いつも怒りを収めてくれる夫がいたから、安心して怒っていられたと気づく。(「怒りんぼ」)

また、主人公達は20代後半の女性が多く、恋や仕事、これからの生き方について工夫をし始めることについても書かれています。なかでも「年齢化粧」という言葉が印象的でした。
こういう女になろう、と自分で少しずつ設計して、それに近づくように「化粧」をしてゆく。
もう二十歳の頃のように、あるがままの自分では通用しなくなるから。(「ちさという女」)

確かに、年齢を重ねると自分自信を化粧してゆくのも必要になってきますもの。

田辺さんの作品は女性の人生を描くだけではなくて、なんというか、時に女性が生きていくのに役立つような、哲学というか、理念というか、そんな精神的な処方箋のような機能もあるんじゃないかとおもいます。


解説を直木賞作家・綿矢りささんが書いています。綿矢さんは聖子さんとは60歳近くの歳の差があるのですが、実にわかりやすく的確に作品の解説をしてくれています。
いくら年を経ようとも、女の本質は変わらないのかもしれません。


孤独な夜のココア (新潮文庫)
田辺 聖子
新潮社
売り上げランキング: 127362


「薔薇の雨」→
「おちくぼ姫」→
「ほどらいの恋」→
「芋たこなんきん」→
ジョゼと虎と魚たち→

JUGEMテーマ:恋愛小説

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946248

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM