[映画] トイレット

2011.04.14 Thursday

0
    かもめ食堂」、「めがね」の荻上直子監督ともたいまさこさんがタッグを組んだ映画「トイレット
    アメリカのとある街。母親を亡くした3兄妹に残されたのは、家とセンセー(猫)と、母が日本から呼び寄せた「ばーちゃん」だった。

    まったく言葉が通じないばーちゃんと、クセのある兄弟たちとの生活。
    パニック障害を患い、4年間外に出なかったピアニストのモーリー、オタクのレイ、生意気な大学生のリサ。
    バラバラだった兄妹がばーちゃんとの生活を通じて少しずつ前に進もうとする。

    なんといっても、もたいまさこさん演じるばーちゃんの存在感がすばらしい。
    ほとんど台詞はないのだけれど、画面になじむというのだろうか。
    ばーちゃんは、童話に出てくる魔法使いのようで、孫たちの悩みや葛藤をやさしく、時にクールに見守っている。
    言葉はまったく通じないのだけれど、ばーちゃんはこちらの言っていることがわかるみたいだ。きっと、言葉が通じなくても、その気になればコミニケーションは取れるし、逆に言葉が通じていても、こじれることだってあるからね。

    映画の最後まで、ずっとばーちゃんは謎のまま。素性が明かされることはない。
    でも、兄弟たちにはギョーザをつくってくれて、母の形見のミシンを直してくれて、傷ついたときそばにいてくれる。それだけで、十分だったのかもしれない。


    トイレット [DVD]
    トイレット [DVD]
    posted with amazlet at 11.04.14
    ポニーキャニオン (2011-03-16)売り上げランキング: 613


    モリオ
    モリオ
    posted with amazlet at 11.04.14
    荻上 直子 光文社 売り上げランキング: 92015


    JUGEMテーマ:邦画


    コメント
    日月さん☆こんばんは
    ベタベタするだけが愛じゃなくて、ある距離感を持って見守るのも愛なんだなぁって思いました。
    それにしても、もたいさんの"ばーちゃん"が圧倒的でしたね(#^.^#)
    • by Roko
    • 2011/04/16 12:01 AM
    もたいまさこさんのばーちゃん、本当にすてきでした。言葉が通じなくても、結構なんとかなるものなのかもしれない。
    もしかしたらばーちゃんは最後の力で兄弟たちを見守りにきたのかもしれませんね。
    • by 日月
    • 2011/04/17 9:14 PM
    コメントする
    トラックバック
     お母さんが亡くなって、残されたのは兄妹3人と、猫の「センセー」と、母親の母親で
    • Roko's Favorite Things
    • 2011/04/15 11:51 PM
    □作品オフィシャルサイト 「トイレット」□監督・脚本 荻上直子□キャスト もたいまさこ、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デビッド・レンドル、サチ・パーカー■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆
    • 京の昼寝〜♪
    • 2011/06/06 8:22 AM
    トイレット [DVD]/もたいまさこ,アレックス・ハウス,タチアナ・マズラニー ¥4,935 Amazon.co.jp 監督:荻上直子 出演:もたいまさこ、アレックス・ハウス、サチ・パーカー   みんな、ホントウのじぶんでおやんなさい。 「母親が亡くなり久しぶり
    • 日々のつぶやき
    • 2011/08/08 5:50 PM
    荻上監督の「かもめ食堂」のスマッシュヒット以来、邦画では同じようなテイストの言わ
    • はらやんの映画徒然草
    • 2012/03/18 9:54 PM
    この記事のトラックバックURL