[映画] 台北に舞う雪

2011.05.12 Thursday

0
    台北郊外の片田舎、恋や仕事に疲れた新人歌手と、地元の青年との恋物語「台北に舞う雪

    台北に舞う雪 あらすじ


    新人歌手のメイはプロデューサー・レイとの恋や仕事のストレスから声が出なくなり、失踪する。たどり着いたのは山あいに家が並ぶどこか懐かしいローカル線の終着駅・菁桐。そこで便利屋を営むモウと出会う。

    モウは幼い頃・母親が失踪し、それ以来街の人達の助力で成長したため、街のみんなを家族と思い、雑用を引き受けています。モウとの出会いにより、少しずつ元気を取り戻すものの、新聞記者、レイがメイの後を追ってきてしまい…

    台北に舞う雪 [DVD]
    台北に舞う雪 [DVD]
    posted with amazlet at 11.05.12
    エプコット (2010-11-27)売り上げランキング: 32601

    登場人物が、みんなやさしい。


    特にモウ。声のでなくなったメイのために医者を紹介したり、住むところを世話したりと献身的に世話をやきます。なんだか「天空の城ラピュタ」のパズーとシータを思い出します。

    モウや街の人たちのやさしさと田舎の風景に、メイは徐々に声をとりもどしていくのですが、それは2人の別れを意味しているのに、モウは変わらずやさしい。それが切ない。

    最初、スクープ目当てでメイを探しに来た新聞記者ジャックもいいやつで。モウとメイの関係を知ると、レイに知らせたことを後悔します。メイと別れたモウに自分を殴らせるところが男前でした。(ジャック役のモー・ズーイーさん実際かなりの男前です)

    台北に「舞う雪」の意味


    タイトルの「台北に舞う雪」は、モウが出て行った母親の帰りを祖母に訊ねたとき「雪が降れば戻る」と教えられたから。南国の台湾に雪は降ることはないのだけれど、モウは奇跡を信じてきたんです。

    物語の最後、そんなモウにちょっとした「奇跡」が起こります。ああ、だからタイトルが「降る雪」、ゃなく「舞う雪」なのだな。降るはずのない雪が舞うラストシーン。温かい気持ちになりました。

    2016年1月、60年ぶりの寒波で台北にも雪が降ったそうです。モウとメイが奇跡をおこせたらいいな。)

    どこか懐かしい、菁桐の街


    この映画の魅力はなんといっても菁桐の街。山間のローカル線・平渓線沿線の街は、日本人がみてもどこか懐かしい田舎の風景なんです。街の中を川が流れ、街の中をローカル線が走っている。

    その風景の中、モウとメイが自転車で二人乗りしていくところなんて、観ているだけで胸がじんとするんです。

    モウ役のチェン・ボーリンさん、どこかで観たと思ったら日本映画「暗いところで待ち合わせ」で犯人に間違えられて逃亡する孤独な青年役を好演していました。


    暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディション [DVD]
    ジェネオン エンタテインメント (2007-06-08)売り上げランキング: 50011


    台湾映画感想


    「非情城市」→
    「藍色夏恋」→
    「KANO 1931海の向こうの甲子園」→
    「百点恋歌」→
    「台北カフェ・ストーリー」→
    「海角七号 君想う、国境の南」→
    「LOVE GO GO 愛情来了」→
    「トロッコ」→

    JUGEMテーマ:映画

    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    『山の郵便配達』のフォ・ジェンチイ監督最新作。台湾北部の小さな町を舞台に、声が出なくなって逃げてきた新人歌手と地元の青年が互いに惹かれあっていく様子を描いた瑞々しいラブストーリーだ。主演は日本のドラマにも出演経験を持つ台湾のチェン・ボーリン、ヒロイン
    • LOVE Cinemas 調布
    • 2011/05/13 3:55 AM
    台北に舞う雪 [DVD]台北北部の小さな町が舞台の淡い恋物語は、美しい映像に癒される小品。ローカル線の終着駅である菁桐(チントン)に降り立った大陸育ちの新人歌手のメイ。彼女は ...
    • 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
    • 2011/05/27 5:01 PM
    台湾のファニーフェイス俳優チェン・ボーリンと、新人女優トン・ヤオの素朴で美しいラブストーリー『台北に舞う雪 〜 Snowfall in Taipei』。 都会での恋と仕事から逃げて来た美女を、郊外に住む天真爛漫な男性が癒す、現代に生きるお疲れワーキング・ガールにはなか
    • Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
    • 2011/06/27 12:36 PM
    この記事のトラックバックURL