アニメ 「精霊の守り人オフィシャル・ガイド」

2011.06.05 Sunday

0
    原作の「<守り人>のすべて 守り人シリーズ完全ガイド」が発売されるにあたり、アニメをもう一度見なおしてみようと思い、「精霊の守り人オフィシャルガイド」を再読。

    精霊の守り人オフィシャルガイド」こちらはアニメ「精霊の守り人」のガイドブックです。
    アニメ「精霊の守り人」は原作の世界観をベースに、さまざまな肉付けを行った質の高いアニメでした。
    上橋菜穂子さんの書かれる物語は、多様な食の表現、異世界の食べ物の描写がとってもおいしそうなのですが、アニメでは原作をふまえつつ、様々な考証に基づきながらその食べ物が映像で表現されています。ノギやの弁当やタンダの山菜鍋…。美味しそうでした。

    「精霊の守り人オフィシャルガイド」では、キャラクターの設定、ストーリーの紹介のほか、新ヨゴ王国という架空の世界の祭りや儀式、文化、産業、食事にいたるまで事細かく設定されています。
    (文字までも作っているんですよ!)人が働いて、暮らしていく場所には、歴史や風土に根ざした様々な「背景」が必要なのですが、大概の物語ではそれらは端折られてしまいます。
    原作者の上橋菜穂子先生は文化人類学者ですので、「精霊の守り人」シリーズでも細かい世界の設定をきちんと描かれるのですが、アニメではさらに細かく設定をつくりこんでいます。原作と解釈が違う部分もありますが、根幹の部分がしっかりしているので、原作とはまた違った物語として楽しむことができます。

    アニメ「精霊の守り人」の監督は「東のエデン」「攻殻機動隊S.A.Cシリーズ」の神山健治監督。
    「社会性」を描ける監督として、上橋菜穂子先生からも評価の高い監督さんです。

    精霊の守り人オフィシャル・ガイド (TJ MOOK)
    宝島社 売り上げランキング: 223621


    精霊の守り人 (新潮文庫)
    上橋 菜穂子 新潮社 売り上げランキング: 5407

    JUGEMテーマ:アニメなんでも


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL