2011.06.09 Thursday

「薔薇の雨」 田辺 聖子

田辺聖子さんの短編を読むと、清涼な飲み物を飲んだ時のような爽やかさが残ります。
薔薇の雨」は、女ざかりを過ぎようとしている女性たちの愛と葛藤の物語。
結構ドロドロとした内容なのに、全然そんな風に感じない。

男の可愛げ、女の可愛げ


男の人の「可愛げ」を感じられる女性たちだからかもしれません。
家の面倒なことを押し付けたり、浮気を繰り返すどうしょうもない男もでてくるのですが、彼女たちは男たちの「可愛げ」というか、魅力みたいなものを見つけるのがうまいんです。それが、他の人にはわからない自分だけの発見であったりすると、なんだか秘密めいてワクワクする。

そんなささやかな秘密をもつ彼女たちにもまた「可愛げ」があるのです。

また、中には浮気性の夫と気難しい姑に「まあ、ええか」と感情を押さえて仕えてきて、ある日突然、「うわー!」と叫び出して吹っ切れてしまった中年女性の物語「良妻の害について」も痛快でした。ずっと本音を押さえてきたからその反動がすごい。

今まで言わなかった本音をバンバン言い、夫の浮気相手の手切れ金を値切りあうシーンなんかは、こっちも読んでいてすーっとしました。(^^)好き勝手してきた旦那サンも、タジタジでした。まあ、ある日突然離婚を切り出されるよりはいいと思わなきゃね。

食事とおしゃべり


田辺作品の短編にはよく男女が食事をしながらおしゃべりをするシーンがでてくるのですが、ちょっと気の利いたお店で交わされる会話と食事は、いわゆる男女間の営みよりも秘密めいてエロティックなのだけれど、どこか涼やかな感じもします。

女が本当に人生で欲しいものは、おいしい食べ物と、可愛げのある男との粋な会話なんじゃないかな。なかなか女と本気で「会話」ができる男性って貴重ですもの。

薔薇の雨 (新潮文庫)
薔薇の雨 (新潮文庫)
posted with amazlet at 11.06.07
田辺 聖子 新潮社 売り上げランキング: 77558


「孤独な夜のココア」→
「おちくぼ姫」→
「ほどらいの恋」→
「芋たこなんきん」→
「ジョゼと虎と魚たち」→
JUGEMテーマ:恋愛小説


レビューポータル「MONO-PORTAL」

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946341

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

オススメ

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    あひる
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    日月
  • ゴッホを支えた日本人『たゆたえども沈まず』原田マハ
    latifa
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    日月
  • バリューブックスで古本買取。送料無料で簡単。
    latifa
  • 「無伴奏ソナタ」 オースン・スコット・カード
    kazuou
  • いよいよ完結『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~』三上 延
    latifa

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM