熱中症患者に遭遇!

2011.07.13 Wednesday

0
    前回のブログに熱中症のことを書いた途端、リアルに熱中症患者に遭遇しました。
    自分以外で、実際に熱中症を起こした人を始めてみた…。

    本当に大変な事態だ…(^^;)

    今日は仕事が休みだったので、スポーツジムへ行く途中(駅から15分くらい歩く)人だかりがしていたので、何かな?と思ったらおっちゃんが倒れていました。先に看病をしていたおばちゃんに聞くと、おっちゃんは歩道の真ん中でしゃがんでいたそうな。おっちゃんは駅から床屋(駅から10分くらい歩く)へ向かう途中倒れたらしい。

    若い男子と、私を含めたオバちゃん3人であおいだり、ペットボトルを首にあてたりして看病。おっちゃん、意識はちゃんとあって、私があげた塩飴をなめるくらいには回復。そのうち、先に看病していた人が呼んだ救急車が来て、おっちゃんは無事病院へと搬送されて、にわか救護隊は解散。

    やれやれ…(^^;)

    女性は外出時にUV対策が気になるから帽子や日傘を欠かさないし、こどもたちもちゃんと帽子をかぶってる。
    男性あまり帽子をかぶる人はいないし、体力もあるから、「まさか自分が熱中症になんて…」て思っちゃうのかもしれませんねえ。一昔前、昭和の時代の映像を見ると、開襟シャツ、カンカン帽、扇子が昭和男の夏のアイテムでした。熱中症対策のためにも、男性カンカン帽の流行をを復活させた方がよいのでは…。






    JUGEMテーマ:夏の暑さ対策


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL