「キスの事情」 海野 つなみ

2011.07.26 Tuesday

0
    回転銀河」以来、久々の海野つなみ先生の学園モノ「キスの事情」。
    キスをめぐる5つの物語。各話の登場人物たちが少しずつリンクしていきます。

    海野つなみさんの描く世界は、普通の少女漫画とは一味ちがう「深み」があります。登場人物たちが互いにリンクしあうことで、絶対的な主人公が存在しない。少女漫画の王道である「主人公に意地悪する女子」などの単純化されたキャラクターではなく、それぞれの視点から描かれる物語は、同じ事柄でも全く違う景色が展開されていきます。

    海野つなみ作品はギャグ的要素がふんだんにあって、一見明るいのだけれど、どこか闇やエロス、死を暗示させるような表現が見え隠れしているように感じます。それがまた、海野つなみ作品の「深み」になっているのだと思います。

    チョコレートホリック」で恋する男に血のついた指を差し出され、主人公が思わず指にキスをしようとするシーンは官能的でドキドキしました。

    少年人魚」は、もともと「tsunamix(ツナミックス)」で最初に読み、その後「回転銀河4」に掲載された続編を読みました。
    先生に片思いする女の子の話。けれど先生は、彼女の母親(小説家)のファンで、あるきっかけから先生と母親が結婚することになり、彼女は失恋。一見、平凡なおはなしなのですが、劇中に紹介された「少年人魚」という架空の不思議な話が、物語にうまくからみあい、女の子の切なさが伝わります。ちょっと悲しい展開の続編を知っているだけに、切なさが倍増します。「少年人魚」は独立したおはなしとして読んでみたいなあ。







    回転銀河1〜4→
    回転銀河5→
    回転銀河6→

    デイジー・ラック1〜2→
    海野つなみ作品集 「tsunamix」→
    「彼はカリスマ」→
    「くまえもん」→
    「豚飼い王子と100回のキス」→

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL