2011.07.23 Saturday

[映画] ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2

いよいよ最終章、「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2」を観てきました。
ああ、とうとう終わってしまった…。そんな感じです。

Part1のラスト、心優しい屋敷しもべ妖精のドビーが死んでしまい、ハリーは魔法を使わずに心を込めて埋葬するところで終わりました。残りの分霊箱の場所を確信したハリーたちは、助けたゴブリンとともにグリンゴッツ銀行へ向かい、分霊箱の一つを手に入れます。とはいえ、ゴブリンの裏切りでひどい目にあうのですが…(^^;)

このときハーマイオニーがベラトリクスに変身するのですが、ヘレナ・ボナム・カーターは「外観はベラなのに、ハーマイオニー」をうまく演じていましたねえ。ハリー・ポッターでは「魔法で変装した別人」というのがよく出てきますが、声はハーマイオニーであっても、しぐさや歩き方などはその役者さんの技量も大きいと思います。

残りの分霊箱は学校にあることがわかり、ホグズミードからホグワーツに戻ろうとした3人の前に、ダンブルドアの弟が現れます。彼の協力でなんとか無事学校に帰り着き、ネビルやジーンと再会もつかの間、やがて死喰い人を従えたヴォルデモートが侵攻してきて…。

ハリーはマクゴナガル先生と不死鳥の騎士団に学校の守りをまかせ、分霊箱を探しに行きます。
このときのマクゴナガル先生が素敵!彫像の騎士を動かす魔法を使って「この魔法、一度使ってみたかったの♪」とおちゃめな部分も。スネイプとの対決シーンもあり、マクゴナガル先生の活躍シーンが多くみられました。

そして、前回のドビーの死に続き、最終決戦でまた犠牲者がでます。仲の良い双子の片割れ、フレッドが死に、ルーピンとトンクス夫婦も命を落とします。。・゚・(*ノД`*)・゚・。決戦前、フレッドとジョージはお互い冗談をいいながら恐怖をかき消けそうとしたり、ルーピンとトンクスが手をつなごうとして、最後までその手が握られずに亡くなるところなど、そんな小さなシーンの中に、彼らの生き様や愛情が現れています。

原作と異なる点も多少ありましたが、原作ではさらっと書かれたロンの活躍が映像化されていたり、最初は臆病だったネビルが勇敢に戦うところなど、見どころも多かったです。

そして、スネイプ!彼が死の間際に託した衝撃の真実が明かされます。アラン・リックマンがすてきでした。回想シーンではいままでにないスネイプ像が観られてよかった。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1 (1枚組) [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2011-04-21)売り上げランキング: 14




[映画]ハリーポッターと死の秘宝 Part1→
[映画]ハリーポッターと謎のプリンス→
[映画]ハリーポッターと不死鳥の騎士団→
[原作]ハリーポッターと死の秘宝 感想→



そして物語のラスト。19年後のハリーとその子供たち。原作のラストの言葉「もう、傷は痛まなかった」とあるように、ハリーは髪をオールバックにして、傷は判別できないくらい薄くなっている。
(大人ハリーの姿は、ちょっとティム・ロビンスに似てた!)
最近のメイク術すごいです。ハリーもロンもちゃんと中年ぽくなっている。
でもハーマイオニーだけは若いまんま…(^^;)これはエマ・ワトソンがきれいだから?でもちゃんと老けメイクもしてほしかった。ジニーはちゃんと年取った風にメイクしていたのになあ。

ラストシーンはほぼ原作の通りですが、ルーピンとトンクスの遺児・テディがでてこなかったのだけは残念。


Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://lbn.hizuki.lomo.jp/trackback/946378
映画版も完結しました。 「史上最強のファンタジー」というのがこのシリーズのキャッチコピーでしたが、今後「10年もの長きに亘って8本もの映画が作られる(一貫したストーリーを持った)ファンタジー作品」というものはちょっと現れないんじゃないでしょうか。 現
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2011/07/24 7:25 PM
「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」★★★★★満点 ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン 出演 デヴィッド・イェーツ監督 130分、2011年7月15日, 2011,アメリカ,ワーナー (原作:原題:HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS: PART II)
  • soramove
  • 2011/07/25 6:55 AM
とうとう終結したハリー・ポッター。 お気に入りのゲイリー・オールドマンもデヴィッド・シューリスも ちらっとだけど登場してくれて、ああもう終わりなんだなあとしみじみ気分に。 3D時代となり(私が見たのは3Dじゃなかったけど)、映像もダイナミックで 戦いの
  • 漢方薬剤師の日々
  • 2011/07/25 6:24 PM
20日のこと、映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を鑑賞しました。 ついに 最後となるシリーズ やっとという気持ちですね もうここまでくると、良いとか悪いとかではなく 見なくてはと 内容自体は やはり 手堅くまとまっていますね まさに、大円団です 戦闘シ
  • 笑う学生の生活
  • 2011/07/30 12:35 AM
監督 デヴィッド・イェーツ キャスト ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、レイフ・ファインズ、トム・フェルトン、ブレンダン・グリーソン、リチャード・グリフィス、ジョン・ハート、ジェイソン・アイザックス、ビル・ナイ、アラン・リックマ
  • 映画を見ながら株式投資
  • 2011/08/01 12:04 AM
「ハリー・ポッター」シリーズ、ついに完結しました。 結局第一作から本作まで10年
  • はらやんの映画徒然草
  • 2011/08/01 10:46 PM
 HARRY POTTER AND THE DEATHLY HALLOWS  : PART II  闇の帝王ヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)を倒すべく、彼の魂が納めら れている分霊箱を探す旅に出たハリー(ダニエル・ラ...
  • 真紅のthinkingdays
  • 2011/08/09 5:57 PM
 かつて彼らは可愛らしかった。  魔法魔術学校の制服を着て、大人顔負けの活躍をする彼らの姿は、微笑ましかった。  ハリー・ポッターとロン・ウィーズリーとハーマイオニー・グレンジャーの3人である。 ...
  • 映画のブログ
  • 2011/09/04 11:27 AM
 【ネタバレ注意】  今度は戦争だった。  2001年公開の『ハリー・ポッターと賢者の石』から数えて10年、ハリーの宿敵として作品世界に影を落としていたヴォルデモート卿との待ちに待った最終決戦、それ...
  • 映画のブログ
  • 2011/09/04 11:30 AM
ついに、ついに来てしまいました、「ハリー・ポッター」シリーズの最終章。 2001年、からずーっと観続けてきたファンにとっては、なんだか「あああ、終わっちゃったな。。。」という淋しさの方が大きい感じがします。 あんなに可愛かったハリーが、こんなに立派な
  • Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
  • 2011/09/09 7:26 AM
 2011年/イギリス、アメリカ  監督/デヴィッド・イェーツ  出演/ダニエル・ラドクリフ      エマ・ワトソン      ルパート・グリント  いよいよ最終作となった人気シリーズ。・・・なんだかね、もう惰性で観続けたとしか言いようがないわ。1作
  • It's a wonderful cinema
  • 2011/12/31 10:23 AM
遂に「ハリー・ポッター」も最終章。前後編に分けたのは正解で、色々な描写がゆったり・じっくり描かれ、堂々たる大作の風格。これを従来通り一本でまとめようとしていたら、かなり駆け足で忙しなくなっていたことだろう。ハリー、ロン、ハーマイオニー、ネビル、ルーナ
  • 【徒然なるままに・・・】
  • 2016/11/22 8:06 PM

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

おすすめ記事

検索

Archive

Selected Entry

Comment

  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    日月
  • あさイチの『スーパー主婦ワールド』で紹介されたイヴォンヌブレンド洗剤が超便利!
    ミィママ
  • 戦前の少女雑誌の美しさ『彼方の友へ』伊吹有喜
    Roko
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    日月
  • 音楽をことばで表す『羊と鋼の森』宮下 奈都
    苗坊
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    日月
  • ハチミツとクローバー外伝と3月のライオン14巻でハチクロメンバーその後のその後
    あひる
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    日月
  • ビブリア古書堂、その後の物語。『ビブリア古書堂の事件手帖 扉子と不思議な客人たち』三上 延
    latifa
  • 読者という希少種を、作家と出版社が奪いあう…というSFが読みたい
    日月

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM