「冠・婚・葬・祭」 中島 京子

2011.07.30 Saturday

0
    冠婚葬祭をテーマにした4つのオムニバス小説「冠・婚・葬・祭
    小さいおうち」や「エルニーニョ」に比べて不思議な世界観は控えめだけれど、冠婚葬祭という形式ばったテーマから垣間見れる人生のワンシーンを独特の視点で描いています。

    空に、ディアボロを高く


    地方記者だった裕也は、成人式の記事に誤報を載せてしまい、それがもとで新聞社を退職することになった。もともと職場がある町に未練はなかったが、最後に、誤報のきっかけとなった大道芸人をさがすことにする。
    大道芸人の若い女の子は、足をけがして入院していた。彼女は自分のことが載った裕也の新聞記事を大事に切りぬいて持っていた…。

    「冠」てなにがあるんだろう?と思ったら成人式なんですね。成人式は直接描かれず、主人公と大道芸人の女の子の新しい出発の物語です。

    この方と、この方


    菊池マサ枝は昔、お見合いおばさんとして何組ものカップルを結婚させてきたが、世の中が見合いを必要としなくなった今、引退して(もっとも職業ではないが)余生を送っている。

    ある日、偶然にも結婚を希望する男(の妹)と女が別々に現れる。同時期に持ち込まれた男女の相性を「よし」とみたマサ枝は、2人のお見合いを設定する。これを最後の仕事とし、はりきるマサ枝だったが、次から次へとトラブルが押し寄せてきて…

    お見合いというシステムは「結婚」を「短期決戦」で决めなくてはならず、そこにはあまり当人の意志が必要ないものなのですねぇ。けれど、確実に結婚につながるので、以前は便利なシステムだったのでしょう。でも私は、短期決戦で結婚相手を選ぶのはちょっと怖い気がしますが…。

    葬式ドライブ


    建築会社の新入社員の直之は、上司から「横浜の施設にいる老婦人を車にのせて、取引先の会長の葬式につれていく」という奇妙な命令を受ける。どうやら老婦人・宇都宮ゆかりは亡くなった会長とただならぬ縁があるらしい。。ゆかりさんとの風変わりなドライブのあと、ゆかりさんは亡くなり、葬式に呼ばれた直之は、ゆかりさんのことを思い出す。

    彼女の生きた時間は消え、記憶は消え、あとには何も残らないのだ」というセリフが印象的でした。人の死は切ないものですが、そんな人生もまた、いさぎよくていいかもしれません。

    最後のお盆


    これだけちょっと不思議な感じのおはなしです。
    母や叔母が亡くなったため、住む人のいない故郷の家を処分することになり、最後のお盆を過ごすことにした姉妹とその家族。近所に住んでいたという男や、叔父の元婚約者と名乗る女性が次々に現れるが、話を検証すると、どうも彼らこの世の人ではないような…。

    この物語の舞台となった田舎は、私の実家のある地方なので、うどんを打って食べたり、川遊びをしたり、近所の人達がお線香をあげにきたりなど、なつかしいお盆の風景が蘇ってきます。

    もっとも、親族があつまるとめんどくさいことも多いので、お盆自体はいまでも苦手な行事ですが…
    それでも死んだ人を偲んで供養するのは、これからもう少し心をこめてやっていきたいな、と思いました。

    冠・婚・葬・祭 (ちくま文庫)
    中島 京子 筑摩書房 売り上げランキング: 90218


    「のろのろ歩け」→
    「小さいおうち」→
    「女中譚」→
    「エルニーニョ」→
    「花桃実桃」→
    「FUTON」→
    JUGEMテーマ:小説全般


    レビューポータル「MONO-PORTAL」
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    成人の日の今日にふさわしい本、ということで、中島京子「冠・婚・葬・祭」をご紹介します。 本書には、冠婚葬祭それぞれにちなんだ4つの短編が収められています。 「冠」はもちろん、成人式。 「空に、...
    • 心に残る本
    • 2011/07/31 10:31 AM
    この記事のトラックバックURL